Apple Payって何なの?節約に役立つクレジットカードはどれ?

2016年10月、iPhone 7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から日本でもついにApple Payを使えるようになりました。この新機能を早速使ってみたい方、しばらく様子を見たい方、様々ではないでしょうか。今回は、Apple Payの使い方や節約に役立つクレジットカードについて紹介します。

Apple Payのメリットとデメリット

Apple Payのメリット

Apple Payとは、iPhoneを使った決済サービスのことです。これまでiPhoneに搭載されていなかった「おさいふケータイ」と類似の使用が可能です。iPhoneをかざすだけで交通系ICカードとして使えたり、コンビニなどiDやQUICPayに対応しているお店でスムーズに買い物をすることができます。簡単にクレジットカードを登録できるので、iPhone一台たけで身軽にお出かけできてしまうのです。

Apple Payのデメリット

Apple Payは、おさいふケータイに比べると対応している電子マネーやポイント・チケットなどのサービスが少ないのが現状です。また、モバイルsSuicaの機能が一部使えなかったり、ポイントの二重取りが不可であること、共通ポイントが貯まらないのでクレジット決済よりポイント還元率が下がるなどのデメリットもあります。また電池が切れた際は当然どの機能も使用できないので、充電切れには注意が必要です。

Apple Payの使い方

Apple Payはどこで使えるの?

具体的にどのような場面で使うことができるのでしょうか。第一に、交通機関での使用、第二に、店舗での支払い、第三に、ウェブ上での利用が挙げられます。Suicaの登録によりバスやJRに乗れますし、ANAスキップサービスにも対応しているためANAの飛行機にも搭乗可能です。iDもQUICPay対応のコンビニや自販機、店舗での決済も可能となります。また、アプリやウェブサイト上の決済も可能です。

iPhoneにクレジットカードを登録する方法は?

Apple Payを使って決済をする方法はとてもシンプルです。カード会社との郵送のやり取りなどの手間は一切不要。お手元にあるクレジットカードの券面をスキャンすることで、iPhoneにカードを認証するだけで良いのです。あとは、取り込んだクレジットカードを使ってお店で支払いをすることができます。この際、個人情報保護の関係で、iPhoneの画面上のカードに名義とカード番号の末尾は表示されません。

iPhoneを紛失してしまったら大変!セキュリティーは大丈夫?

Apple Payが開発されたのはスキミング犯罪の多いアメリカ。セキュリティーには万全の対策が投じられています。iPhone内に取り込まれたカード情報は全て暗号化して保存されている上に、決済でやり取りされるのはカード番号ではなく、決済毎に更新される割り当て番号です。万が一、紛失した際には、「iPhoneを探す」を使い、一時的にApple Payの使用を止めたり、デバイスを遠隔消去することができます。

節約に役立つクレジットカードはどれ?

dカード GOLD

通信費は固定で出ていく支出だけに、携帯電話代をカード支払いする際はポイント還元率が節約の要になります。ドコモのiPhoneユーザーには、dカード GOLDがおすすめです。年会費が10,000円かかるものの、利用料金の10%がポイントで還元されるので月額利用料が9,000円以上の方は実質無料の計算になります。ケータイ補償も最大100,000円に増額されるのでAppleCareへの加入も不要です。

ビックカメラSuicaカード

日々の通勤や通学に必要な交通費にも、ポイント還元があればお得ですよね。iPhoneのApple PayをSuicaのように使いたい方には、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。年に一回でも使えば年会費が無料になりますし、Suicaチャージの際のポイント還元率は1.5%となります。

まとめ

今まで「おさいふケータイ」の有無からAndroid一択だったけれど、Apple Payの機能搭載によってiPhoneへの買い替えを検討し始めた方もいるのではないでしょうか。選べる機種の選択肢が増えるのは素敵なことですよね。クレジットカードを持たなくても、iPhone一つで身軽に移動やショッピングを楽しめるなんてとってもスマートです。ぜひ節約の役に立つクレジットカードを吟味して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!