マイホームの頭金いくら入れる?気になる頭金事情と目安が知りたい!

毎月身にならない家賃を払っているのなら、自分の資産になるマイホームが欲しい!そう考える人は多くいますが、頭金はどのくらい用意すればいいのだろう?と悩みはつきません。頭金が貯まるのを待っていたらマイホームを買えるのはいつになるのやら。マイホームの頭金の目安を知って、夢のマイホーム購入に一歩踏み出しましょう。

頭金の目安はいくら

購入する家の1割?2割?

頭金の理想の目安は、2割といわれています。それは、一般的な融資額の上限が、その購入する物件価格の8割であったことが根拠だそうです。住居にかかる費用は、月収の20~25%であるべきだという目安からきたものかもしれません。頭金を入れることによって、借入金額を少なくし、返済金額を下げる、返済期間を短くする、融資金額を増やすなど、マイホーム購入計画の視野を広く持つことが可能です。

頭金ゼロでも家は買える?

家を売る広告などで、「頭金ゼロでも買える!」などと、売りにしているのを目にすることもありますが、実際に頭金ゼロでも家を買うことができるのか。答えは、買えます。ですが、収入や勤続年数などで融資を受けられることが前提です。さらに、家を買うときは諸費用など大きなお金がかかり、それらは現金で支払わなければいけない場合がありますので、貯金、現金がゼロの状態では、家を買うことは不可能に近いとお考えください。

頭金以外に購入時にかかる費用

諸費用は意外と高い&現金払いの可能性アリ

頭金以外にかかる大きなお金である諸費用は、一般に住宅購入金額の5%といわれています。5,000万円の家を買う場合、250万ほどかかると頭に入れておきましょう。その内訳は、不動産所得にかかる諸費用、司法書士、印紙代なども意外と高く、火災保険など保険にかかる諸費用など入れると軽く100万越えです。それらは、ローンに組み入れられる場合もありますが、現金払いの可能性もあるので預金があると安心です。

家具家電、カーテンなどの購入費

また、マイホームを購入すると今使っているものがあっても新しい家に合わせて、家具や家電を新しくしたいと考えるのも、致し方ないことです。以前使っていたカーテンや食器棚など、サイズが合わなければ、買い替えが必須になります。さらに、マイホーム購入で、部屋数が増えると、エアコンや暖房器具なども各部屋に必要になることも頭に入れておきましょう。それらのお金も頭金、諸費用のほかに必要なお金です。

引っ越し費用

家の受け渡し付近にならないと、日にちが決まらないので、それまで見積もりが出ないのが引っ越し費用です。距離や荷物によって金額が変わりますので一概にはいえませんが、少なくても10万~20万を目安に考えておいたほうが無難でしょう。引っ越しの日にちが決まれば、3社ほどから見積もりを取ることをおすすめします。競争率が高いほうが、値引きされる可能性があるからです。

頭金を入れるメリット、入れないメリット

借り入れを少なくして日々の支払いを楽にする

頭金を多く入れるメリットはやはり、借入金を極力少なくすることで、金利を安くすることです。金利ほど無駄なものはないと考える人も多くいます。借り入れが少ないということは、月々の支払いも安く抑えることができるので、月々の月収からのローン返済負担が軽減されることが大きなメリットです。さらに多くの融資を受けたいと考える方には、頭金は必須。頭金を用意できるという、人としての信用にも関係しています。

住宅ローン控除を多くもらえる

逆に、頭金を入れないメリットは「住宅ローン控除」です。購入する住宅の性能や納税額でもその金額は変動しますが、おおよそ借り入れ残高の1%といわれています。例えば、5,000万円借り入れがあれば、50万ということです。その控除のために、預貯金はそのまま残しておいて頭金をわざと入れないという家庭もあります。住宅ローン控除は、対象、適用期限がありますので、それらも考慮して購入を考えるのもおすすめです。

まとめ

頭金の目安は、購入金額の1割から2割ということがわかりました。ですが、そのほかにも諸費用、引っ越し代、家具家電の購入費なども必要です。それもを支払っても、当面は生活できるだろう預貯金を持っておくことは安心のため、必要といえます。それらが揃ったときが絶好のタイミングで理想ではありますが、頭金が貯まるのを待っていたら、年齢が上がる、賃貸に払うお金がもったいないなど、いろいろ条件が揃わないのも現実ですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!