後悔しないために!マイホーム購入までに知っておくあれこれ

家を買う時は勢いも必要ですが、買ったものを後悔しているからと、まっさらな状態に戻すことはできません。人にとって生涯で一番大きな買い物といわれる「マイホーム」。そんなマイホームに後悔なんてしたくないですよね。今回は、後悔も妥協もしないマイホーム購入のために、知っておくべきことや決めておくことをお教えします。

一軒家かマンションかの決断

後悔しないよう決めておくこと

マイホーム購入時、一軒家かマンションかは大きな決断になります。簡単に住み替えることは不可能なので、この決断は正しかったと思うくらい慎重にしっかり考えて決めましょう。その時、夫婦で意見の相違もあると存じますが、それが一致するまで話し合ったほうが賢明です。

一軒家のメリット

人によって、価値観の違いがあるということを前提に一戸建てのメリットは、自由に設計ができるということでしょう。間取りや部屋数、ガレージの有無など、自身で設計に携わることもできます。さらに、ソーラーパネルの設置やオール電化などの導入も自由に決めることができ、密集地域でないかぎりプライバシーが守られることが高ポイント。ペットが居る家庭でも安心して一緒に暮らすことができます。

マンションのメリット

エントランスから玄関までが容易に入ることができないため、セキュリティー面で優れています。さらに、階段がないため、高齢になればなるほど、快適に過ごせることから、高齢になってからマンションを購入するという人も多いのだとか。さらに、修繕費を毎月納めているため、大きな修繕や工事などが計画的で、大きなお金が突然にかかるという心配がありません。さらに土地によっては、売却しやすいのもマンションのメリットです。

一軒家のデメリット

一軒家のデメリットは、長年住んでいくと修繕が必要になる場所が増えてきます。その場合、直すのはすべて自分。大きなお金をそのために用意しておく必要があります。さらに、土地の価値はその時々で変わりますが、建物は20年~価値がなくなり、27年~寿命ともいわれていることから、建物の価値は下がる一方といえるでしょう。

マンションのデメリット

近隣が密接しているため、住居者と合うか合わないかという面、プライバシーが守られていないという点でデメリットがあります。さらに、毎月の修繕費や駐車場代の負担が大きいと、マンション購入後ローンが終わっても何かしらの支払いは続くという点もデメリットです。さらに、マンションは自分だけの土地ではないため、マンションは売ることができても土地を動かすことができないので、デメリットに感じる人もいます。

中古か新築かの決断

中古のメリットとリスク

中古物件は、新築より安価で購入できることが最大のメリットです。そのほかには、リノベーションなどを行えば新築同様に住めることで人気があります。ですが、配管など見えない部分は年月が経っている分だけ、それなりに古くなっていて、それらを修繕するとなると大きなお金がかかる場合もあることを忘れないようにしましょう。

新築のメリットとリスク

新築のメリットは、全てが新しいこと。住宅によっては、決められたものもありますが、設計、建築の段階からある程度買い手の希望が反映されます。家へのこだわりが強い方や、設計から携わりたい方は、新築でしか叶わない場合が多いようです。新築のリスクは、資産価値の下落幅が大きいことです。築20年経てば、一戸建ての建物の価値はほぼなくなり、マンションは半値になる可能性があります。

優先順位と理想を追求しよう

何が優先順位かを追求

夢のマイホーム購入を決め、一軒家かマンションかを決断したら、今度は優先順位を追求してみましょう。会社への距離、治安、土地、値段、交通の便、環境、間取り、教育環境など考慮する点はたくさんあります。夫婦の間で、優先順位のすり合わせをするのも大切な作業といえるでしょう。多方面からあらゆる情報を集め、住んでみたら違っていた…という事態をさけることが重要です。

理想をどのくらい叶えられるか追及

さらに、優先順位と同じくらい大切なのは、理想を追求することです。キッチンは、カウンターキッチンがいい、お風呂は広いほうがいい、書斎が欲しいなど、なんでもいいので理想を出してください。その理想をどのくらい叶えられるかは、価格や住居にもよるので、全部叶えられたら幸せですが、どのくらい叶えられるか挑戦してみるのもすてきですよね。

理想を叶えてくれる企業を探そう!

優先順位と理想が固まったら、その理想を一緒に叶えてくれる企業を探しましょう。買う場所によっては、建築条件付き宅地や建売住宅などありますので、慎重に検討してください。注文住宅を建てる場合には、住宅展示場に足を運んで、その企業のカラーを見れば、自分たちの理想に合う合わないがわかります。より後悔しない選択をするためには、たくさんの企業を回ってみることが大切です。

まとめ

後悔しないマイホーム購入で一番大切なことは、家族会議です。夫婦でしっかり話し合い、理想を具体化することで、住宅系企業や業者に伝わりやすくなります。家族で話し合った理想のマイホームの満足度は高くなること間違いなしです。後悔しないためには、とことん理想を追求し、現実とすり合わせて今できる最高を目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!