就職・転職する人必見!ベストな転職のタイミングと人気業界をご紹介します

就職を始める時はまず、どんな仕事があるのか、どの職種が向いているのかを考えるものです。最近は、労働環境の悪化や人員削減により、転職を考える人も増えつつあります。転職の場合は、今辞めてよいのか、すぐに再就職できるのかなど、なかなか転職に踏み切ることができません。ベストな転職のタイミングと人気業界についてご説明します。

企業が求める人物像と、転職のベストなタイミング

20代で転職する場合

未経験の業界に就職を希望するなら、社会人経験が浅いほうが有利といわれています。一つの企業に長年勤めていると、その企業の社風や仕事のやり方に染まっているためです。大学卒業してからあまり時間が経っていないタイミングが転職に適しています。しかし、社会人経験が浅すぎても、社会人の基本的なマナーやスキルが身に付いていないので、社会人4年目以降がよいタイミングでしょう。

30代前半で転職する場合

30代前半ともなれば、社会人経験豊富で、早い人では管理職に就いていることも少なくありません。「もっと若手を」という企業もありますが、最近は「実力があれば年齢は関係ない」という風潮になってきているので、30代前半の転職のタイミングは悪くないでしょう。前職が同業または似たような職種であれば、今までの経験を存分に活かすことができると、企業は期待しているのです。そして「即戦力」を求めています。

30代後半で転職する場合

35歳以上になると、大体の企業では「管理職」「管理職候補」といった人材が多く見受けられるため、20代の転職に比べるとハードルは高いです。しかし、前職でメンバーのマネジメントをしていた、プロジェクトの責任者を務めた、という経験があると、管理業務の責任を求められる傾向にあります。30代後半は「管理職」として採用をしている企業も多いので、今の職場で「管理職」としての経験を積んでおくことが必要です。

職種別おすすめ人気業界

コツコツ頑張る仕事

就職・転職したら、やりたい仕事は?という質問で圧倒的に多いのが「オフィスワーク」です。理由としては「仕事内容が自分に合っている」「営業に比べて疲れない」「長期間、働くことができそう」「持っている資格や技術が活かせそう」などがあげられます。男女共に働ける仕事ですが、一日デスクワークで地道にコツコツ仕事をこなす、ということが向いているのは女性のほうが多いでしょう。

専門的スキルを活かした仕事

いろいろな分野において専門的なスキルを持っている人は、そのスキルを活かすことができる仕事に就くことが多いです。さらに資格を持っていれば、それだけで優遇される業界も増えています。自身のスキルを仕事にすることで得られる経験や技術は、どんどんレベルアップしていき、強みとして今後も活かすことができます。最近では旅行会社やデザイン関係、ネイルサロン、リラクゼーションなどの女性向けの業界も人気です。

人と接する仕事

人と接する仕事はたくさんあります。例えば営業では、不動産会社の営業はお客様相手、病院の営業は医者相手などがあげられるでしょう。社交性があって、初対面の人とでもすぐに打ち解けることができ、相手の人と信頼関係を築くことができる人に向いています。特に男性は就職する際、最初の業界は営業という人が多い印象です。

ライフスタイルに合った仕事

結婚・出産を経て

女性は結婚、出産を機に仕事を辞めることが多いです。産休・育休後もすぐにもともといた職場に復帰できないケースもあります。産休制度がない企業なら、出産の際に退職して、仕事復帰するときにはまた一から職探しをするでしょう。今までは営業でバリバリ働いていたけれど、出産後はセーブしたいという人も多く、仕事と家事・育児を両立できる業界を求めている傾向にあります。

自分らしい生活がしたい

実際、働いてみて「なんか合っていない気がする」と思った経験はありませんか?入社当初は誰もが直面する悩みですが、何年も経って、まだその気持ちが残っているのなら、転職を考えてみるのも一つの手段です。無理して今の仕事を続けてもメリットはありません。自分が興味のあることや、得意分野があれば、それを活かした仕事を見つけて、充実した生活を送りましょう。

まとめ

年代によって、求める人材は違えども、自分の適性や能力を認められ、採用してくれる業界はきっとあるはずです。就活している人はどの業界に入りたいのか、どんな仕事が自分に合っているのか、しっかり見極めましょう。また転職の人は今の仕事を辞めて、次の仕事を探すことは勇気のいることですが、自分のやりたいことを見つけて、新たな業界で一層活躍できたらよいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!