資格で有利に就職・転職活動をすすめよう。役立つ資格はコレ!

就職や転職活動をする際に、一度は頭をよぎる「資格」取得。でも世の中たくさん資格というものが存在しています。どれを取得したらいいかや、どのくらい採用試験で評価されるのか不明ですよね。今回は、業種別でどんな資格や役立つ資格があるのか解説します。

就職や転職には資格は必要?

こんな理由で有利となる

資格とは、「ある一定の技術やスキルを持ち合わせた人」という証明になります。また仕事によっては、資格取得をしないと業務ができないことも。したがって入社前に資格取得をすることで、即戦力になると考えられます。また求人広告には必要資格の欄に「なし」と記載があっても、資格が採用判断の一つとしている場合もあるのです。

職種で資格の有無が異なる

上記の項目でも説明したように、職種によって資格取得が必須な場合もあります。例えば、弁護士や医師などはもちろん、建築士や不動産売買の契約なども一定の資格がなければ、従事することができません。一方、業種によっては、資格を一つも所持せず仕事をしている人もいます。ただし、面接時に資格がなければ、必然的に経験や実績を人事は見ているでしょう。

人事は資格の何を見ているか?

履歴書の資格取得の欄を見て、人事は何を読み取っているのかご存知ですか?「志願者が業務において必要な資格を所持しているか」をまずは見ます。さらに、志願者本人の自己啓発性や、成長したいという向上心、どんなことに挑戦しているかまで読み取るのです。学生の時、社会人になってから、どんな努力をしたかが顕著に出るので、空欄ではなく内容の濃い履歴書のほうが、好印象です。

希望先には、経験だけではダメ?

新卒の就職活動の場合

新卒入社の就職活動では、在学中にどんな勉強をしたかをとわれることが多いです。ゼミの内容やサークル活動中の役割などが挙げられます。また学生中の活動で、志望している会社で、役立ちそうなスキルを見つけるとアピールにつながります。また資格については、学業を裏付けることができるとさらにポイントが上がるでしょう。

同業種に転職するなら

同業種に転職したい場合、「経験や実績など業務基盤がある」ことを職務経歴書で披露できるのであれば、最低限の資格で問題ないかもしれません。しかし、経験が浅い場合や複数回転職をしている場合、業務で必要な資格を取得し、経験値や実績をカバーしましょう。

異業種に転職するなら

異業種に転職したい場合は、過去の経験や実績など本人の人間性に加え、次の職種への熱意が読み取れる人材が好ましいでしょう。そのためには、過去の実績をしっかり知らせる自己PRと業種にあった資格取得を得ることが、採用への近道です。もし資格合格が間に合わない場合でも、勉強中である旨をしっかりと伝えましょう。

職種別おすすめ取得資格

事務系:パソコン、簿記

事務系の仕事を探している場合は、即戦力を求めている企業が多いです。そのためには、パソコンスキルや簿記があると有利になることも。例えば、一般事務の場合、ExcelやWordなどのスキルは必須です。また経理事務の場合は、簿記の知識がある人が好まれます。またIT力のある人材を欲しがる企業は多いです。
■MOS Excel/Word/PowerPoint/Access
■日商簿記検定2級
■ITパスポート

医療系:コミュニケーション、レセプト知識

医療系の職種は、地域を選ばず点在しているため、転職希望者が多いのも事実です。また年齢を気にせず転職できるとあって、幅広い年齢層の人が活躍しています。患者様だけでなく、一緒に働く仲間とのコミュニケーションも必要です。医療事務などは志願者が多く、経験者が優遇される場合も。異業種からの飛び込みである場合は資格取得につとめましょう。
■医療事務
■歯科助手
■調剤薬局事務
■医師事務アシスタント

不動産・建築系:士業が多く免許必須

不動産系の職種は、契約や管理業務など多岐に渡っています。また法律に則って業務を遂行することも多く、業務中は免許書を身に付け、相手に提示する場合も。つまり、資格取得をしていないと業務できないものが多いです。就職するまでに取得して、採用をものにしましょう。
■宅地建物取引士
■マンション管理士
■管理業務主任者
■1or2級建築士

メカ・製造業系:道具の種類から使用知識必須

メカニックや製造業などに転職する場合、基本的な道具の種類や使用方法を知っておきましょう。いざ、現場で働くことになっても、上司の指示した一般的な道具が分からないと困りますよね。またどの仕事にも納期がついて回りますので、テキパキと働かないといけません。即戦力になりえる基礎的な資格を取得しておきましょう。
■電気工事士
■機械保全技能検定
■ガス溶/アーク溶接

まとめ

人事の目にとまる人材になるには、経験や実績もしくは資格がアピール材料となります。経験や実績が十分だと感じられない人は、ぜひ資格取得で経験などをカバーしたいですね。3か月で資格取得できるものもありますので、集中モードでアピール材料を入手しましょう。また資格取得には、独学や学校に通う以外に、転職の場合は職業訓練へ行く方法もあります。格安で受講できることもあるので、一つの手段として参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!