節約食材を取り入れて、ダイエットに挑戦してみませんか?

ダイエットは、節約しながらは無理だと思っていませんか?ダイエット食品は値段が高いものが多く、マッサージ器具やクリームなどもお金はかかりますよね。そんな悩みを持っている方に、今回節約食材を使って、ダイエットも節約も上手にこなせるコツをお教えします!ダイエット&節約レシピや食材の特徴も紹介しますので、試してみてくださいね。

節約食材とそのダイエット効果についてお教えします

低カロリー食材のこんにゃくは、味方です

スーパーで100円もかからないこんにゃくは、節約料理に欠かせませんよね。かさ増しにも利用できる、優れた食材です。こんにゃくは「グルコマンナン」という、水溶性の食物繊維が主成分となるため、腸内の不要物を便として排出してくれる効果が期待できます。またグルコマンナンは、オリゴ糖を作りだすことで腸内の善玉菌を増やす手助けをして、腸内環境を整えてくれるためダイエットに適している食材といえるでしょう。

1年通して、値段が高騰しないきのこ類を活用しよう

野菜は時期や天候によって左右されることが多く、値段が急に高騰してしまうことが多々ありますよね。その点きのこ類は、1年通して値段に変動がなく、洋食・和食・中華のどの料理にも合う食材です。きのこ類は食物繊維が豊富であり、カロリーが低いことも特徴になります。「しめじ」には、身体の余分な水分を排出してくれるカリウムという栄養素が豊富です。カリウムの作用によって、むくみにくく、ダイエット効果も期待できます。

節約食材レシピで、綺麗を手に入れよう

簡単!しめじのリゾットでお腹をみたそう

リゾットはお米を利用していますが、水分でお米が膨れるため通常のときより量を少なめにすませることができます。ダイエット期間中にどうしてもガッツリ食べたいときに、おすすめできるレシピです。まずは、しめじ1/2を食べやすい大きさに乱切りにし、ためねぎ1/8個はみじん切りにしておきます。フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、しめじと玉ねぎを炒めてください。

火が通れば、ご飯を入れて適量の塩とこしょうで味を整えましょう。水150mlに、鶏ガラスープを小さじ1を溶かして、フライパンに入れて馴染んだら、チーズをお好みでかければ1人分の完成です。チーズは脂質が高く、カロリーが高いため少量で試してくださいね。

低カロリーなのに美味しい!こんにゃくステーキ

こんにゃくはカロリーが低いため、どんなに食べても摂取カロリーを気にすることはありません。そのなかでも、こんにゃくステーキはフライパンで焼くだけで誰でも簡単にできます。このこんにゃくステーキのポイントは、味つけです。こんにゃくでカロリーを抑えられている分、調味料は気にせず自分好みにしてみましょう。焼肉のタレで焼いても美味しいですし、ニンニク・キムチの素、醤油を混ぜたタレで、ピリ辛風にしても相性抜群です。

ダイエット&節約術の注意点があるとしたら?

低カロリーといっても量を考えて食べてください

ダイエットと節約を過度に意識しすぎてストレスがたまり、暴飲暴食になってしまうよりは、たまには息抜きのために、低カロリーの食材を多めに食べることはいいでしょう。しかし量を多めに食べることによって胃が大きくなり、少々の量では満足できなくなってしまう恐れもでてきます。量を多めに食べる頻度は考えておく必要があります。少し量を多めに食べたときには、次の食事で少しおさえめにするなどの調節をしましょう。

同じものばかりを食べるダイエットにはしないように

節約とダイエットといって、こんにゃくならこんにゃくだけを、またもやしならもやしだけなど偏ったダイエットだけにはならないよう気をつけましょう。キレイにダイエットしていきたいのであれば、偏った栄養のみのダイエットはおすすめできません。例え痩せてもリバウンドしやすく、また肌や髪に潤いがなくなったりと、美しいダイエットとはいえないでしょう。せっかくダイエットをするなら、キレイに痩せていきたいですよね。

まとめ

高価なダイエット食品や、ダイエット器具で運動して痩せることもひとつの方法ですが、せっかくであれば節約も一緒にできればお得ですよね。お金がかからないダイエットは、誰にでもすぐにでも取り入れることができ、無理せず続けることができます。節約ダイエットがきっかけで、料理の腕があがったり、花嫁修業の一環としての自分磨きなど、節約とダイエット以外の楽しみが見つかるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!