電力自由化で電力会社切り替え!手続き方法はどうするかを詳細に解説!

2016年4月から電力自由化が実施されています。これによって電力会社の切り替えを検討することもありますが、そのためにどのような手続きが必要になるのかを知っておく必要があります。そこで今回は、電力会社切り替えの手続き方法について解説します。

まずは切り替える電力会社を決定する

電力自由化によって、今まで契約していた電力会社とは別の電力会社と電気の契約をすることができるようになりました。
このとき、具体的にどのような手続きが必要になるのでしょうか?

まずは、どの電力会社と契約をするのかを選ぶ必要があります。
電力自由化によって、とてもたくさんの会社が電力事業に参入してきています。今まで電力事業に関与していなかったガス会社や石油会社、携帯電話会社なども電力サービスを始めています。その数は100以上とも言われます。

そこで、これらの中でどの電力会社と契約するのかを決めなければなりません。このとき、その電力会社が自分の居住する地域でサービス供給しているか、料金の安さ、採用している発電方法などを調べて、もっとも自分に合った電力会社を選びましょう。
新しい電力会社の情報を集める際には、インターネットを利用すると便利です。

新しい電力会社に契約の申込み!

新しく契約する電力会社を決めたら、その会社に契約の申込みをします。
このとき、インターネットや電話、郵送などの方法で申込みをすることができます。
キャンペーンなどのサービスを受けられることもあるので、お得に契約したい場合にはチェックしてみましょう。

新しい電力会社に申込みをする際には、いくつかの情報が必要になります。
具体的には、以下の情報を求められることが多いです。

・氏名
・電話番号
・住所
・メールアドレス
・現在契約している電力会社の契約名義とお客様番号
・22桁の供給地点特定番号

22桁の供給地点特定番号は、現在の電力会社の検針票に記載があります。そこで、新しく電力会社に申し込む際には、検針票を手元に置いておくようにしましょう。
また、契約の申込時には、電気料金の支払い方法を登録することが必要になるケースもあります。そこで、申込時には、引き落としのための銀行通帳やクレジットカードなども一緒に用意していると良いでしょう。

スマートメーターに交換するケースもある

電力会社の切り替えの際には、スマートメーターへの交換が必要になるケースがあります。
これは、今まだ自宅にスマートメーターがついていない場合です。

スマートメーターとは、次世代の便利な電気使用量測定器のことです。メーターは針ではなくデジタル式になっていますし、30分ごとの電気使用量を計測できます。スマホやパソコンと連動させて、自宅のパソコンやスマホからでもその測定内容を確認することができます。

政府は、このことによって、電気の「見える化」を目指すとしています。
1日や1週間、季節によってどれだけの電気使用量があるかがすぐにわかるので、電気料金のプランを選ぶ際などにも便利です。新電力会社と契約する際には、スマートメーターを取り付けることが必要になります。

スマートメーターの設置は、新しい電力会社に申込みをすると手配してくれるので、自分で何か手続きをする必要はありません。
設置には原則的に費用はかかりませんし、利用者の立ち会いも不要で、停電も起こらないとされています。

ただ、地域や設置状況によっては一時的に停電することもありますので、その場合には立ち会いをした方が良いでしょう。
また、メーターの設置状況によっては工事が必要になることがあり、その場合には工事費用が発生することもあります。

利用開始日から新たな電力会社の供給開始!

新しい電力会社に申込みをすると、契約内容が記載された契約書が送付されてくるので、間違いや問題がないかをチェックしましょう。
間違いがないことを確認して、スマートメーターの取り付けが終わると、新しい電力会社からの電力供給が開始されます。
そのタイミングは、もともとスマートメーターが設置してあったかどうかによって異なります。

スマートメーターがもともとついている場合には、申込み後1週間程度もあれば、新しい電力会社に切り替わって電気の供給が始まります。
これに対して、スマートメーターがついていなかった場合には、設置作業などが必要になるので、申込み後半月から1ヶ月くらいしてから新しい電力会社による電力供給が始まります。

切り替えの際に解約手続きは不要!

電力会社を切り替える場合、今まで契約していた電力会社との契約は解約することになります。
ただ、この場合、特に自分で解約手続きをする必要はありません。以前の電力会社にわざわざ連絡を入れる必要もありません。

これらの手続きは、基本的に新しく契約する電力会社が行ってくれます。
解約手続きが必要になる場合には、前の電力会社に廃止申込書を提出します。

電力自由化によって新たに電力会社を切り替える手続きは難しくありません。検針票と支払方法がわかる資料を用意して新電力に申込みをしましょう。電気代が安くなるメリットなどもあるので1度検討してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

関連コラム