あなたのスマホそのままでOK!格安SIMへの乗り換え手順とポイント

あなたのスマホそのままでOK!

格安SIMの魅力を知り、スマホ代を安くできるなら早く変えたいと思っても、踏み切れない理由として以下のようなケースがあります。
「色々なプランがあってどうやって選んだら良いかわからない!」
「いま使っているドコモのiPhoneでそのまま格安SIMを使えるの?」
「SIMカードのサイズを選べって言われてもよくわからない…」
「電話番号そのままで乗り換えできるの?」
そこで、このコラムでは実際に格安SIMを契約するにあたり確認すべきポイントを解説します。
これを読めばあなたも格安SIMデビューに一気に近づけるはずです!

格安SIMの種類を選ぶ

格安SIMでは目的に合わせて大きく3種類のSIMタイプがあります。

・音声通話付きSIM
・SMS機能付きSIM
・データ通信専用SIM

SIMの種類

この中から、あなたのこれからのスマホの使い方に合わせて選んでいきましょう。

音声通話付きSIM

「090」「080」「070」から始まる電話番号で発着信が可能なプランです。大手キャリアでスマホを使っていた方はこのタイプのSIMを使っていたということになります。
このSIMは電話もSMSもインターネットも全部できるもので、これまでと同じ使い勝手で使い続けたい方は音声通話付きSIMの一択になります。
また、これまで使ってきた電話番号を残しておきたいという方も必ずこのSIMタイプを選んでください。

逆に、電話番号を使った通話機能は全く必要無いという方はこのSIMタイプを選ばないほうが安くなります。

SMS機能付きSIM

このSIMタイプでは、電話番号を使った音声通話はできませんが、電話番号を使った簡単なメッセージのやりとりが出来ます。ガラケーのころにはよく使われていた機能です。
また、それ以外でもこのSMSが活躍する機会があります。それはみなさんご存知のLINEです。LINEの新規登録には「SMS認証」という作業が必要になります。

音声通話はいらないけどLINEは使うという方はこのSIMタイプを選びましょう。

※SMS対応していないSIMでも認証できる方法もありますが、ややこしい&できなくなることが増えるためあまりオススメしません。

データ通信専用SIM

インターネット接続のみができるプランです。尚、上記の2プランでももちろんインターネット接続はできます。

シンプルにインターネットだけできればOKという方や、2台目のスマホとして使う方、また大手キャリアを解約する前に試しに格安SIMを使ってみたいという方はこのSIMタイプでも十分でしょう。

データ通信専用SIMは基本的に契約期間もなく、月々1,000円以下で使えるものも多いので気軽に利用できますね。

自分の毎月のデータ通信利用料を確認してみる

格安SIMの大きな特徴は、データ通信量に応じた料金プランを選ぶことができる点です。
そのため、まずは自分が毎月どのくらいのデータ通信量を利用している確認してみましょう。

■大手キャリア各社でデータ通信量の確認する方法

ここでのポイントは、いまの月間データ通信量よりも少し多いプランを選ぶことです。
例えばいま4.2GB/月の方は、格安SIMでは5GBくらいのプランがおすすめです。
ここで3GBのプランを選んでしまうと、月の途中で通信速度制限を受けてしまいストレスが溜まります。また、追加料金を支払うことでデータ容量をチャージできるサービスを提供している格安SIM会社も多いですが、結局割高になってしまいます。

基本方針は「いまよりちょっと上のプラン」と覚えておきましょう。
格安SIM会社によっては、後からプランを下げることができるところも多いので安心です。

自分のスマホの使い方から、通信速度(高速/低速)を決める

格安SIMではデータ通信容量だけでなく、通信速度も選べるところがあります。
あなたがスマホでやりたいことはどんなことでしょうか?

「メールとインターネットが少しできれば十分」

という方であれば、低速通信のプランでも問題ないかと思います。

「写真のやりとりをたくさんしたい」
「地図アプリを使いたい」
「Youtubeなどで動画を見たい」

上記に当てはまる方は、低速通信では非常にストレスが溜まる可能性が高いので高速通信のプランを選びましょう。

SIMカードのサイズを決める

SIMカードには3種類のサイズがあります。
大きい順から標準SIM、micro SIM(マイクロシム)、nano SIM(ナノシム)となっており、使用する端末によってサイズが変わってきます。

いま使っているスマホをそのまま使いたい方は、その端末がどのサイズのSIMカードに対応しているかを事前に必ず確認するようにしましょう。

SIMカードのサイズ

格安SIMで使用するスマホを決める

大手キャリアのスマホを格安SIMで使いたい場合は、格安SIM会社が対応している機種かも確認しましょう。

格安SIMでは「docomoの回線を使っている格安SIM」と「auの回線を使っている格安SIM」の2種類があります。SoftBankの回線を使っているところはまだありません。

大手キャリアが提供しているスマホにはSIMロックというものがかかっており、他の会社のでは使用することができません。
ただ、同じ回線を使っている格安SIMであれば基本的に使えるケースが多いので、docomoのスマホをそのまま使いたいのであればdocomo系の格安SIM、auのスマホをそのまま使いたいのであればau系の格安SIMのなかから選ぶようにしましょう。

また、同じdocomo系の格安SIMでもA社では使えてB社では使えないということもあるため、それぞれの会社のホームページで掲載されている「動作確認済み端末」を確認することをおすすめします。

格安SIMに変えるのをきっかけに、スマホも新しくしたいという方は格安SIM会社がセット端末として提供しているスマホであれば間違いなく使えます。その他の購入方法(Amazonや楽天で買うなど)の場合は「SIMフリースマホ」を選んでいただければまず問題ないでしょう。

※SoftBankの回線を使っている会社でY!mobileがありますが、Y!mobileでは独自の通信回線と併用してサービス展開しているため、SoftBankスマホをそのまま使うことはできません。

まとめ

上記に書いてある内容がクリアになれば、きっとあなたに合う格安SIMが見つかるはずです!
少しの手間を惜しまないことで、毎月数千円、2年で10万以上の節約も見えてきます。
さぁ、さっそく自分に合った格安SIMを見つけましょう!!

当サイトでは、格安SIMに関する役立つ情報を掲載しています。

格安SIM各社の詳しい情報や評価・評判
実際に格安SIMに変えた方の口コミ
格安SIMの比較ランキング

あなたの格安SIM選びの参考になれば幸いです。

あなたのスマホそのままでOK!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

関連コラム