格安SIMはどこが速い!?MVNO15社の通信速度ランキング【2016年12月】

格安SIMは大手キャリアに比べ通信料金が安くなるというメリットから、スマホユーザーの注目が一段と集まっています。格安SIMを提供する数あるMVNOの中から選ぶポイントとしては、通信速度が最も重要な指標となります。 先月より開始した通信速度測定企画の2回目ということで、今月も格安SIM主要15社の通信速度を測定し、徹底比較してみます!

通信速度の測定方法・測定場所

格安SIMは料金が安いというのが最大の特徴。通信エリアはドコモやau回線といった大手通信キャリアの設備を使用しているため、全国の幅広い範囲で電波状況は良い状況です。

しかし、いくら料金が大手キャリアに比べて安くても、通信速度が遅ければ使用に伴いストレスを感じると思います。

ユーザーとしてはストレスフリーに通信サービスを受けられる格安SIMを選ぶことがポイントとなってきます。

格安SIMの通信速度について、もっと詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

2016年11月より始めた格安SIM15社通信速度測定という本企画も今回で2回目。先月に引き続き、12月も徹底比較していきます!

通信速度を測定する格安SIM15社

測定対象の格安SIM15社は、以下のとおりです。

測定する格安SIM 15社
楽天モバイル U-mobile
mineo NifMo
DMMモバイル LINEモバイル
BIGLOBE SIM nuroモバイル
UQ mobile エキサイトモバイル
DTI SIM FREETEL
OCN モバイル ONE イオンモバイル
IIJmio

(順不同)

測定方法

上記でリストアップした各MVNOの通信速度を、以下の方法で測定します。

項目 内容
測定場所 東京都渋谷区某所
測定時間 昼:12:00〜13:00の間
午後:15:00〜16:00の間
測定アプリ RBB SPEED TEST
測定端末 iPhone 7 Plusにて測定
(iOS10.2)
測定方法 各時間帯で、3回連続して下り(ダウンロード)・上り(アップロード)・ping値
を測定して平均速度を算出

測定する時間帯は、比較的通信が混雑しやすいお昼の12時台及び昼過ぎの15時台に設定。

測定はバラツキがでないよう3回連続して行い、3回測定した平均値を測定結果として他社と比較します。

測定環境を統一するために、場所を移動することはせずに定点での測定を実施。また、全ての測定で同じ機種(iPhone 7 Plus)を使って測定を実施しました。

12時〜13時の測定結果を比較

一番回線が混み合う時間帯である12時〜13時での測定結果は以下のようになりました。

12時台の測定結果

【12時〜13時 下り(ダウンロード)の測定結果一覧(単位:Mbps) 】

MVNO 1回目 2回目 3回目 平均
楽天モバイル 36.76 24.85 34.34 31.98
mineo(Aプラン) 0.75 0.96 1.13 0.94
DMMモバイル 2.41 2.42 2.52 2.45
BIGLOBE SIM 0.93 1.01 0.92 0.95
UQ mobile 29.93 32.24 29.66 30.61
DTI SIM 2.70 1.31 1.78 1.93
OCN モバイル ONE 0.92 0.95 0.56 0.81
IIJmio 2.88 1.26 1.77 1.97
U-mobile 0.76 0.82 1.88 1.15
NifMo 1.70 1.19 1.49 1.46
LINEモバイル 10.63 45.75 24.96 27.11
nuroモバイル 0.87 1.13 0.98 0.99
エキサイトモバイル 2.58 2.50 2.56 2.54
FREETEL 6.35 5.16 5.80 5.77
イオンモバイル 2.51 3.20 2.16 2.62

下り(ダウンロード)は、楽天モバイルが1位を獲得。その通信速度は平均で31.98Mbpsという爆速っぷりです。先月の12時台でも20Mbpsに迫る勢いの楽天モバイルでしたが、今月はさらにその上を行く30Mbps超えの結果となりました。

続いて2位はUQ mobileで30.61Mbps、3位はLINEモバイルの27.11Mbpsと、上位3社はいずれも20Mbps超えというかなり高速な記録をマークしています。

一方、下り(ダウンロード)の最下位となったのは、OCN モバイル ONEで0.81Mbpsです。 1Mbpsを割り込む通信速度では、動画視聴をはじめとしてWEBページ閲覧においても、ストレスを感じる可能性が高いです。

結果を全体的にみると、全15社中のうち8社が2Mbpsを下回る結果となりました。先月に引き続き、このお昼の時間帯は通信がかなり混み合っていると状況となっています。

この通信が混み合う状況の中でも、2Mbps以上通信速度が出ているSIMでは、それほど困ることなく通信ができるでしょう。

【12時〜13時 上り(アップロード)の測定結果一覧(単位:Mbps) 】

MVNO 1回目 2回目 3回目 平均
楽天モバイル 2.83 3.72 3.05 3.20
mineo(Aプラン) 7.27 7.30 7.05 7.20
DMMモバイル 2.89 2.77 3.83 3.16
BIGLOBE SIM 1.03 1.66 2.82 1.83
UQ mobile 10.15 7.68 9.32 9.05
DTI SIM 8.88 6.32 6.52 7.24
OCN モバイル ONE 5.28 5.32 10.75 7.11
IIJmio 2.80 4.10 3.17 3.35
U-mobile 5.92 4.01 2.87 4.26
NifMo 9.28 9.83 8.18 9.09
LINEモバイル 5.92 5.69 4.54 5.38
nuroモバイル 4.01 3.94 2.33 3.42
エキサイトモバイル 3.03 3.27 4.10 3.46
FREETEL 6.30 5.19 4.03 5.17
イオンモバイル 3.71 3.03 4.49 3.74

上り(アップロード)では、NifMo9.09Mbpsで1位となりました。下り(ダウンロード)の1.46Mbpsという記録の6倍以上の速度が、上り(アップロード)では出ています。下りは、よほど混雑していたのでしょう。上りはサクサクな結果です。

続いて、UQ mobileが9.05Mbpsで2位、DTI SIMが僅差でmineoを超えて7.24Mbpsの3位となりました。

先月は上り(アップロード)通信速度が一番弱かったDTIですが、今月はTOP3入りです。UQ mobileは下り(ダウンロード)に引き続いて、安定のTOP3入りです。

最下位となったのは、BIGLOBE SIMで1.83Mbpsでした。

15時〜16時の測定結果を比較

15時〜16時での測定結果は以下のようになりました。

15時台の測定結果

【15時〜16時 下り(ダウンロード)の測定結果(単位:Mbps) 】

MVNO 1回目 2回目 3回目 平均
楽天モバイル 27.43 33.29 32.02 30.91
mineo(Aプラン) 1.99 3.15 2.17 2.43
DMMモバイル 2.97 2.89 2.76 2.87
BIGLOBE SIM 7.37 3.50 2.65 4.50
UQ mobile 48.79 32.68 19.75 33.74
DTI SIM 2.14 2.72 1.56 2.14
OCN モバイル ONE 1.30 1.03 1.20 1.17
IIJmio 3.48 3.74 1.44 2.88
U-mobile 1.77 1.48 1.24 1.49
NifMo 5.47 1.80 3.21 3.49
LINEモバイル 28.47 17.37 43.40 29.74
nuroモバイル 0.95 1.08 1.15 1.06
エキサイトモバイル 2.63 2.56 2.64 2.61
FREETEL 8.95 14.51 4.22 9.22
イオンモバイル 2.67 0.97 1.76 1.80

下り(ダウンロード)は、お昼の測定で2位となったUQ mobileが堂々の1位で、33.74.Mbpsという高速な値です。

続いて2位は楽天モバイルで30.91Mbps、3位はLINEモバイル29.74Mbpsと、通信速度上位TOP3は、お昼の結果に続き順位が変わりませんでした。この上位3社の結果は、いずれも30Mbps前後という携帯端末の通信速度としては十分すぎる通信速度となっています。

一方、下り(ダウンロード)の最下位は、nuroモバイルで1.06Mbpsです。

全15社中4社が2Mbpsを下回る結果となりました。お昼時間帯よりは混雑状況が改善している様子で比較的スムーズな通信ができている結果となりました。この15時時間帯でも2Mbpsを割り込んでいるSIMは、快適な利用ができるとは言いがたいかもしれません。

【15時〜16時 上り(アップロード)の測定結果一覧(単位:Mbps) 】

MVNO 1回目 2回目 3回目 平均
楽天モバイル 3.60 5.61 4.75 4.65
mineo(Aプラン) 4.65 4.19 4.59 4.47
DMMモバイル 2.53 8.15 7.31 5.99
BIGLOBE SIM 11.01 10.13 8.95 10.03
UQ mobile 6.04 5.46 4.29 5.26
DTI SIM 4.57 5.22 4.63 4.80
OCN モバイル ONE 5.09 5.54 6.83 5.82
IIJmio 9.39 7.07 8.81 8.42
U-mobile 4.93 7.94 3.86 5.57
NifMo 4.73 5.42 4.72 4.95
LINEモバイル 5.38 8.34 7.68 7.13
nuroモバイル 4.80 5.16 6.89 5.61
エキサイトモバイル 4.38 5.33 3.25 4.32
FREETEL 6.80 5.76 8.06 6.87
イオンモバイル 4.93 5.14 4.91 4.99

上り(アップロード)では、BIGLOBE SIM10.03Mbpsで1位。

次いで、IIJmioが8.42Mbpsで2位、LINEモバイルが7.13Mbpsで3位となりました。最下位となったのは、エキサイトモバイルで4.32Mbpsでした。

15時台の上り(アップロード)結果で注目したいのは、15社全てのMVNOで4Mbps以上出ているということ。これはSNSへの写真や動画アップロードもスムーズにできる快適な速度です。

下り(ダウンロード)でもこのような結果になると嬉しいのですが、やはり通信は上り(アップロード)より下り(ダウンロード)の方が混雑しやすいこともあり、比較的に上り(アップロード)の方が通信速度が出やすい状況になっていたと考えられます。

全時間帯平均の結果

12時台及び15時台の2回の結果を平均し、その値を全時間帯平均の通信速度として算出しました。結果は以下のとおり。

全時間帯平均の通信速度

【全時間帯での平均通信速度結果一覧(単位:Mbps) 】

MVNO 下り(ダウンロード) 上り(アップロード)
楽天モバイル 31.44 3.92
mineo(Aプラン) 1.68 5.83
DMMモバイル 2.66 4.57
BIGLOBE SIM 2.72 5.93
UQ mobile 32.17 7.15
DTI SIM 2.03 6.02
OCN モバイル ONE 0.99 6.46
IIJmio 2.42 5.88
U-mobile 1.32 4.91
NifMo 2.47 7.02
LINEモバイル 28.42 6.25
nuroモバイル 1.02 4.51
エキサイトモバイル 2.57 3.89
FREETEL 7.49 6.02
イオンモバイル 2.21 4.36

下り(ダウンロード)では、全時間帯を通してUQ mobile32.17Mbpsで、僅差でしたが1位となりました。12時、15時台ともに30Mbpsを超えていて安定して高速通信ができています。高画質での動画視聴もサクサク動きそうです。

2位には、僅差で敗れてしまった楽天モバイルが31.44Mbpsでランクイン。こちらも30Mbps超えという大台を記録しています。3位は、LINEモバイルで28.42Mbps。これも十分な通信速度です。一方それ以外の12社は全て10Mbpsを割り込む結果となり、上位3社と他社の差が顕著に開く結果でした。

上り(アップロード)では、下り(ダウンロード)に引き続いてUQ mobileが1位。上り下りに関係なく、高速な値となりました。続いてNifMo、OCN モバイル ONEと続いています。

上り(アップロード)の結果は、下り(ダウンロード)のように1Mbpsを割り込むような値はなく、最低でも3Mbps以上を記録し、大きく差は出ていない結果でした。

2016年12月のMVNO通信速度ランキング

全時間帯での通信速度平均を元にランキング形式にまとめました。

【MVNO15社 通信速度ランキング[2016年12月]】

順位 下り(ダウンロード) 上り(アップロード)
第1位 UQ mobile UQ mobile
第2位 楽天モバイル NifMo
第3位 LINEモバイル OCN モバイル ONE
第4位 FREETEL LINEモバイル
第5位 BIGLOBE SIM FREETEL
第6位 DMMモバイル DTI SIM(同5位)
第7位 エキサイトモバイル BIGLOBE SIM
第8位 NifMo IIJmio
第9位 IIJmio mineo
第10位 イオンモバイル U-mobile
第11位 DTI SIM DMMモバイル
第12位 mineo nuroモバイル
第13位 U-mobile イオンモバイル
第14位 nuroモバイル 楽天モバイル
第15位 OCN モバイル ONE エキサイトモバイル

下り(ダウンロード)1位を制したのはUQ mobileでした。次いで、2位に楽天モバイル、3位にLINEモバイルと、12時台、15時台ともにTOP3を制したMVNOが続きます。

これら3社は混雑しやすい下り(ダウンロード)にも関わらず、30Mbps前後の通信速度が出ているのでかなりオススメですね。

一方の上り(アップロード)1位も下り(ダウンロード)同様にUQ mobileが制しました。次いで2位にはNifMo、3位にはOCN モバイル ONEがランクイン。

特に11月の測定で下り(ダウンロード)TOP3に入っていたnuroモバイルは大きく後退する結果となっています。一方で、楽天モバイルがさらに高速通信ができている結果となりTOP3入りを果たしています。

▼通信速度TOP3(下り・上り)の詳細・申し込みはこちらから

主要MVNO15社の通信速度比較は今回で2回目となりましたが、いかがでしたでしょうか。

通信速度は、格安SIMを選ぶ上でとても重要なポイントになってくるので、先月11月の通信速度測定結果も踏まえて、ぜひ参考にして選んでもらえたらと思います。

※ 今回測定した結果について、必ずしも再現性があるものではありません。SIMの通信速度は測定場所、測定時間帯、使用している端末によって変わる可能性があり、実際の速度とは異なる場合があります。ご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

関連コラム