格安SIMにおすすめの8インチタブレット「Mediapad T2 8 Pro」

格安SIMで利用するSIMフリースマートフォンは、5インチサイズが人気が高くなっています。しかし、パソコン代わりに利用するには、もう少し大きなディスプレイサイズが必要です。持ち歩きにも対応して、大きなディスプレイの機器としては、8インチタブレットが最適です。その中でも、コストパフォーマンスに優れる「Mediapad T2 8 Pro」を紹介します。

8インチタブレットがモバイルに最適な理由

格安SIMの利用には、SIMフリースマートフォンが必要となります。SIMフリースマートフォンは、大型ディスプレイの機種が人気で、特に5インチサイズのスマートフォンは機種も多く、選択しやすくなっています。5インチサイズは、片手操作できるギリギリのサイズとなっており、視認性と片手操作の両方を実現できるサイズとなっています。

5インチサイズのスマートフォンは使いやすいサイズではあるのですが、パソコンや10インチサイズのタブレットを利用しているユーザーには、まだ小さく感じてしまいます。片手操作までは求めないものの、モバイルで持ち歩いて利用したいユーザーにお勧めのサイズとして、8インチタブレットがあります。

8インチタブレットであれば、10インチほどではありませんが、ディスプレイも見やすく、動画や写真コンテンツの利用も閲覧性に優れています。フォントを大きめに設定すれば、ブラウザの文字も見やすく、高齢の方にもお勧めできます。また、8インチタブレットの中には、通話に対応している機種もあり、スマートフォン代わりに利用も可能です。また、端末の大きさから、バッテリー容量に余裕があり、5インチスマートフォンより、長時間の稼働が可能です。

5インチスマートフォンの普及が進み、2台目需要が高くなっていますが、その利用においても、8インチタブレットがお勧めです。

8インチサイズのファーウェイ「Mediapad T2 8 Pro」

8インチサイズのタブレットの中でも、コストパフォーマンスの高い機種として、ファーウェイ「Mediapad T2 8 Pro」があります。

Mediapad T2 8 Pro

Mediapad T2 8 Pro
http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpt2-8-pro-jp.htm

スペックとしては、8インチFull HD IPSディスプレイ、オクタコアCPU、4800mAhバッテリー、SIMスロットはmicroSIM(ミニSIM)サイズ、microSDメモリカードに対応、インカメラ200万画素、メインカメラ800万画素を搭載しています。LTEモデルとWi-Fiモデルが用意されており、LTEモデルでも2万円台前半(2017年3月現在)という価格帯になっています。価格帯としては、ローエンドに近い端末ですが、性能としてはミドルレンジクラスの十分な性能になっています。

SIMスロットとmicroSDスロット

動作速度として、内蔵RAMが2GB搭載のため、動作に余裕があり、また、独自のメモリ管理により、アプリ起動による遅延が発生しないように工夫されています。また、同価格帯のタブレットに比較して、ディスプレイの品質や、本体の品質が良くなっており、長期間の利用に耐えるデザインです。

AnTuTu Benchmarkの結果

SIMフリータブレットとして、通話にも対応しており、各社の格安SIM用のAPN設定がプリセットされているため、SIMカードを挿してからすぐに利用が可能です。

APN設定画面

大きさは、123×8.1×209.3mm(幅x高さx奥行)、重量340gと、片手操作では辛い大きさではありますが、重量感もそれほどなく、両手で利用するには使いやすいサイズです。モバイルシーンである電車の中、カフェなどで活用しやすいでしょう。

まとめ

格安SIMと格安スマホの運用で、月額運用費に余裕ができ、2台目の需要も高くなってきています。特に、格安SIMは価格が安いため、2枚目のSIMを入手しているユーザーも多いと思います。そのようなユーザーには、今回ご紹介した8インチタブレットはお勧めです。

10インチサイズとなると、持ち歩く頻度が少なくなり、モバイルでの活用が減ってしまい、SIM内蔵の必要性を感じませんが、8インチであれば、スマートフォンと併用、または、スマートフォンの代わりにモバイルシーンで利用することが可能なため、無線LANモデルではなく、LTEモデルを選択したいところです。

今回ご紹介した「Mediapad T2 8 Pro」を一つの選択肢として検討されてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!