格安スマホを快適操作・ホーム画面を変更する方法

スマートフォンを利用する上で、ホーム画面の使い勝手は重要です。ホーム画面を使いやすくするカスタマイズ方法をご紹介します。

ホーム画面とは

格安スマホに採用されているOSは、Googleが開発したAndroidです。

どの機種にも、同じOSが搭載されていますが、各端末毎に、メーカーによるカスタマイズがされており、操作感や印象が違います。メーカー謹製のアプリがインストールされているだけでなく、OSのUIが大きく変わっていることがあります。

このOSのUIが変わっている原因の一つが、ホーム画面のカスタイマイズです。ホーム画面をメーカー毎にカスタマイズすることで、端末毎に個性が出ています。

このホーム画面のカスタマイズにより、壁紙の変更だけでなく、ホーム画面に用意されているページ数、アプリのアイコン数、ウィジェットの配置、アニメーションの動きなど、大きく変わってきます。

このホーム画面のメーカー毎のカスタマイズは、素のAndroidのホーム画面より使いやすく、高機能にしよう、という目的があります。

ただ、ホーム画面のカスタマイズにより、操作性が大きく変わるため、同じメーカーの端末を使い続ける場合は良いのですが、メーカーを替えて機種変更をした場合、使い勝手に悩みシーンも出てきます。

ホーム画面アプリによるカスタマイズ

メーカー毎に違うホーム画面の操作性に悩むユーザーに一番良い対策は、ホーム画面アプリを導入することです。

ホーム画面アプリを導入することで、メーカーの導入したホーム画面のカスタマイズが無効となり、ホーム画面アプリのデザインと操作性となります。

このホーム画面アプリを導入すると、機種変更した場合、同じホーム画面アプリを導入すれば、全く同じ環境のホーム画面となります。

特に、違うメーカーのスマートフォンに機種変更した場合、同じホーム画面で、引き続き利用できるのは、大きなメリットとなります。

ホーム画面アプリNova Launcher

ホーム画面アプリの例として、Nove Launcherを紹介します。

Nove Launcher
GooglePlayストア

Nove Launcherによるホーム画面カスタマイズ例

Nova Launcherは、古くから登場していたホーム画面アプリとなっており、昔のAndroidのホーム画面に違い雰囲気を持っているホーム画面となっています。

スマートフォンをシンプルに使いたいユーザーにお勧めのホーム画面アプリです。シンプルに使うだけでなく、高度なカスタマイズも可能です。

無料版と有料版があり、有料版は、より細かい設定が可能となっています。

Nova Launcherの設定は、ホーム画面、ドロワー、ドッグ、フォルダ、外観と操作感、ナイトモード、ジェスチャーと入力、未読数カウント、バックアップとインポートがあります。

ここでは、簡単なカスタマイズ方法を紹介します。

Nova Launcherの設定画面

まず、「ホーム画面」です。

ここでは、ホーム画面に並ぶアプリアイコンの数を設定することができます。アイコンのサイズやフォントサイズの変更や、左右上下のマージンの変更も可能です。

また、ホーム画面が複数ある場合のスクロール効果を設定することができます。

ホーム画面

続いて、「ドロワー」です。ドロワーとは、アプリ一覧画面のことです。

こちらも、一画面に並ぶアプリアイコンの数や、アイコンサイズ、フォントサイズなど設定が可能です。

また、ドロワーが縦スクロールするか、横に画面遷移するか、選択が可能です。

ドロワー

そして「ドッグ」です。

ドッグは、ホーム画面の下部にアイコンを設置する場所のことで、複数のホーム画面を移行しても、ドッグは固定となるため、よく使うアプリを登録すると便利な場所です。このドッグにおけるスタイルやアイコン数など設定が可能です。

ドッグ

人気の機能として「外観と操作感」があります。この設定にて、アニメーション速度を変更することができます。

格安SIMのスペックの低い端末の場合、ホーム画面のアニメーション動作が遅く感じる場合があります。そのような端末でも、アニメーション速度を「光速」に設定することで、動作が機敏になります。

アニメーション速度

まとめ

格安スマホを買い替えて、使い勝手が悪く感じているユーザーは、ホーム画面を変更することで、大幅に操作感を改善することができます。

ホーム画面の変更は、ホーム画面アプリの導入が簡単です。是非お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!