mineoはドコモ版とau版のiPhoneが使用可能!料金は3分の1でiPhoneをお得に使おう!

日本では大人気の機種となっている「iPhone」。
ドコモ・au・ソフトバンクという大手通信キャリアでiPhoneを愛用している人の中でも、毎月の通信料金が高くて困っている人は少なからずいるのではないでしょうか。 mineoでiPhoneを使用すれば料金を大きく節約することが可能です!
今回はmineoではどのiPhoneが使えて、どれくらい安くなるのかといった気になるポイントを解説します。

mineoの概要

mineoは関西電力グループであるケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。

主な特長は、ドコモ回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)が両方使えるマルチキャリア対応の格安SIMであるということ。

対応している機種が豊富なので、SIMフリーの端末はもちろん、iPhoneを含めドコモ版端末・au版端末をそのまま使えるというものが多いです。

また、パケット関連サービスも非常に充実していて、グループで繰り越したデータ通信を分け合えるパケットシェア、友人や知人とデータ通信を贈り会えるパケットギフト、mineoユーザー全体で余ったパケットを1つのタンクに入れて助け合うフリータンクなど数多くのサービスが提供されています。

さらに、通話が多い人は月額850円で「5分かけ放題サービス」を利用すると、mineoでんわアプリ経由での5分以内の通話が何回でも利用できます。

mineoで使用できるiPhoneを確認する前に

mineoにはドコモ回線のDプランとau回線のAプランの取り扱いがあり、使用できるiPhoneは種類によって異なってきます。

ここで知っておきたい重要なことが「SIMロック」と呼ばれるものです。

SIMロックがかかったiPhone

通常、ドコモ・auで購入した端末には「SIMロック」と呼ばれる鍵のようなものが端末にかけられるので、そのキャリア以外での通信利用ができなくなります。

例えば、ドコモショップで購入・契約したiPhoneをauで使うことは基本的にできません。SIMロックがかかっているからです。

このようにドコモ版のiPhoneはドコモ通信網、au版のiPhoneはau通信網でのみ利用できるということになります。

mineoでは、ドコモ回線はDプラン、au回線はAプランとして提供されているので、SIMロックがかかっていたとしても、対応した回線を選べば通信利用することが可能です。

・ドコモのSIMロックがかかったiPhone→Dプランがそのまま利用可能

・auのSIMロックがかかったiPhone→Aプランがそのまま利用可能

プラン問わず使用可能なSIMフリー版

一方、Apple Storeで購入したiPhoneは「SIMフリー」とよばれ、ドコモ・au・ソフトバンクという通信網の縛りは一切受けません。どのキャリアでも使用することが可能です。

すなわち、このSIMフリー版のiPhoneであれば、mineoのDプラン・Aプラン問わずどちらも使用することができます。

また、キャリアのSIMロックがかかった端末でも、

  • 購入後181日以上経過
  • ネットワーク利用制限中でない
  • 2015年5月以降に発売されたもの
という3つの条件を満たせば、SIMロック解除することができます。

mineoで使用できるiPhone

mineoに対応したiPhone一覧

mineoのそれぞれのプランに対応したiPhoneを一覧表にまとめました。

Dプラン対応のiPhone

ドコモ回線のDプランに対応したiPhoneについて解説します。

DプランはSIMフリー版iPhone及びドコモ版iPhoneが対応端末となっています。

【Dプランに対応したiPhone】

機種 SIMサイズ 音声通話 データ通信 テザリング
iPhone 7 Plus nano
iPhone7 nano
iPhone SE nano
iPhone 6s Plus nano
iPhone 6s nano
iPhone 6 Plus nano
iPhone 6 nano
iPhone 5s nano
iPhone 5c nano

Aプラン対応のiPhone

続いて、au回線のAプランに対応したiPhoneです。

AプランはSIMフリー版iPhone及びau版iPhoneが対応端末となっています。

【Aプランに対応したiPhone】

機種 SIMサイズ 音声通話 データ通信 テザリング
iPhone 7 Plus nano(au VoLTE) ×
iPhone7 nano(au VoLTE) ×
iPhone SE nano(au VoLTE) ×
iPhone 6s Plus nano(au VoLTE) ×
iPhone 6s nano(au VoLTE) ×
iPhone 6 Plus nano ×
iPhone 6 nano ×
iPhone 5s nano ×
iPhone 5c nano ×

AプランのiPhone利用で注意しなければならないことは、通話やデータ通信は問題なく利用できますが、テザリング利用はができないということです。

PC等を接続してテザリング利用しようと考えている人はAプランでなく、Dプランにすることをオススメします。

また、ソフトバンク版のiPhoneを持っていてmineoを利用したい場合は、すぐに利用できるプランがありません。
SIMロック解除できるかをキャリアに確認した上で、可能であればSIMロック解除・SIMフリー化しましょう。

mineoでiPhoneを使用するとどれくらい安くなるの?

mineoでiPhoneを利用すると通信料金を大幅に安くすることができます。

ここでは、月3GBのデータ通信量をiPhoneで利用する場合を想定し、auとmineo(Aプラン)での料金を比較してみましょう。

【auの場合】

  • スーパーカケホ 1,700円
  • データ定額3 4,200円
  • LTE NET 300円
  • 合計6,200円

【mineo Aプランの場合】

  • デュアルタイプ 3GB 1,510円
  • 合計1,510円

3GBプランを契約した場合、auでは最低でも月6,200円の料金が発生しますが、mineoのAプランではその4分の1以下となる月1,510円まで抑えることができます。

1ヶ月当たりに安くなる金額は4,690円にもなり、1年間で56,280円、キャリアのような2年契約というスパンで考えるなら、112,560円も変わってきます。

mineoは格安SIMなので、平日のランチタイムなど思ったように通信速度がでない環境の状態になることもありますが、そのような一部の時間帯を除いてはほぼ問題無く快適に通信することができます。

大手キャリアのような何十Mbpsというような高速通信はできないですが、格安SIMでも、2〜 3Mbps程度の通信速度があれば、ネット利用は十分です。

同じiPhoneを利用しながら、mineoに移行するだけで、年間5万以上の固定費を抑えることができ大変お得になります。

iPhoneをmineoでお得に活用

iPhoneを利用するなら、大手キャリアではなく格安SIMのmineoをキャリア選択することにより、毎月の通信料を大きく節約することができます。

また、mineoは対応しているiPhoneの種類も多いので安心です。

ぜひmineoでiPhoneを利用して、固定費を節約してみてはいかがでしょうか!?

\ キャンペーン実施中! /

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

関連コラム