UQ mobileのSIMをiPhoneに入れて使ってみた!

格安SIMを使用するにあたり気になるのはMVNOの「通信品質」です。「UQ mobile」は全時間帯で安定した高速通信が可能と評判で、その通信品質が高く評価されているMVNOです。今回は、UQ mobileのSIMをヨドバシカメラで購入し、iPhoneに入れて使ってみたので紹介します。

UQ mobileの特徴

「UQ mobile」はUQコミュニケーションズが運営するMVNO。UQコミュニケーションズはモバイルルーターでもお馴染みのWiMAXを提供している会社です。

格安SIMを提供しているMVNOの回線は、そのほとんどがドコモから調達した回線ですが、UQ mobileの場合、回線はauから調達しているau系のMVNOです。au系のMVNOとしては、このほかに「mineo」があります。

auはプラチナバンド帯と言われる高品質帯域の評価が高いことが特徴であり基本的に通信環境が高品質です。この高品質である環境を最大限に活かした上で、格安SIMとして通信を提供しているのがUQ mobieの特徴です。 それがゆえ、UQ mobileの通信速度は他社と比べても圧倒的に安定的な通信を提供していて、ユーザーからの評価も高くなっています。

UQ mobileのSIMはどこで購入できる!?

UQ mobileのSIMを入手する方法は大きく分けて2つあります。 1つはUQ mobileのオンラインショップで申し込む方法です。店舗に行かなくてもインターネットさえあれば、どこからでも申し込みできるのが特徴。開通時の本人確認書類もデジタルデータのアップロードでできるのでとても便利です。

全体的な流れとしては、オンラインショップでの申し込み→本人確認書類のアップロード→SIMカードの配送→到着後、自身で設定→利用開始 というように進みます。

もう1つのSIMの入手方法が店頭購入です。店頭購入では、店頭に行かなければならない手間がある一方で、実際に店員さんに不明点を相談しながら購入することができるのが特徴。

「所持しているスマホやタブレットは、サービスに対応している格安SIMなのだろうか」「どの料金プランが最適なのだろうか」「料金プランの注意点はあるのだろうか」という格安SIM初心者にとって分かりにくい疑問点に対して、適切な回答と最適なSIMの提案をしてくれます。

今回はヨドバシカメラ梅田で店頭購入し、即日開通したUQ mobileのSIMを使います。

UQ mobileの料金プランは!?

UQ mobileのSIM料金プランは大きく分けて3つのプランから構成されています。

1つ目は、「ぴったりプラン」です。ぴったりプランは無料通話とデータ通信がセットになっているのが特徴です。大手キャリアのような2年間縛りの契約をする代わりに、割引きやキャンペーン増加も含め、最大2年間に渡り月額1,980円で2GBのデータ通信量と2,400円で30分の無料通話が付いてくるお得なプランです。これだけの内容がセットで月1,980円というのはかなり安いですね。

2GBのデータ通信量ということを考慮すると、月間の利用が比較的軽いライトユーザー向けであるといえます。 ただし、2年縛りというデメリットもあるので注意が必要。契約期間中に解約した場合は大手キャリアと同様に高額な違約金が発生します。

2つ目は、「データ高速プラン」。音声通話付きと無しと選択することが可能。私が今回選んだのはこの「データ高速プランの音声通話無しタイプ」です。 データ高速プランは、音声通話無しの場合、月間データ通信量が3GBまでで980円という価格です。ライトユーザーからミドルユーザー未満あたりにはオススメな通信量ですね。データ+SMSのSIMで通信が3GBも使える上、毎月1000円程度の維持費なのでコストパフォーマンスが高いです。

3つ目は、「データ無制限プラン」です。通常、どのプランでも「月間○○GBまで」という制限量が設定されていますが、データ無制限プランでは文字の如く制限が設定されていません。音声無しの場合、月額利用料は1,980円です。無制限プランでは通信量を気にすることなく気軽に使用することができます。

ただし、通信速度が500kbpsまでしか出ないことに注意が必要です。動画コンテンツを見るには少しツラい速度制限です。反対に日常的なメールやSNSでのやりとり、簡単なウェブブラウジングであれば500kbpsもあれば十分に使うことができるので、これらの通信量浪費が比較的ライトな使い方をたくさんするような方にお得なプランとなっています。

iPhoneにSIMを挿入して設定。実際に使ってみた!

今回、UQ mobileのSIMを入れたのは、SIMロック解除したiPhone 6s Plusです。 UQ mobileのSIMを使うには、SIMを挿入する物理的な手順とAPN設定と呼ばれる端末設定をする手順が必要です。

SIMを本体スロットに挿入

SIM本体を端末横のSIMスロットに細いピンを刺して取り出してから挿入します。 SIMをセットする際には向きがあるので注意しながらセット。本体にスロットを戻したら挿入完了です。

iPhoneでのAPN設定方法

続いてAPN設定を行います。 Android端末では手動設定しなければならないのですが、iPhoneではUQ mobileのサポートページがAPN設定で使うプロファイルをダウンロードすることができます。

まずは、UQ mobileのサイト内検索で「iOS 設定」と入力。出てきたページを開きます。

続いてiPhone5シリーズか6シリーズか、対象機種を選択します。

プロファイルのインストール画面に移行するので、右上の「インストール」タップ。

詳細内容が表示されるので、確認後に右上の「次へ」をタップ。

警告も確認して、「インストール」を選択。

確認メッセージが表示されるのでもう1度「インストール」をタップ。

終わったら画面右上の「完了」をタップして終了です。

APN設定という言葉自体は難しいですが、手順はこれだけ。難しいことはないと思います。これで準備完了です。

通信してみた

設定完了後、実際に通信してみました。ウェブブラウジング、Youtubeでの動画再生など滞りなく、またストレスなくサクサク通信できました。「Speedtest」というアプリを使って通信速度を測定。

帰宅時間となる平日18時台での測定です。 結果としては、ダウンロード4.49Mbps、アップロード2.05Mbpsというまずまずの結果。間隔としては下りで10Mbpsくらい出るかなとは思っていましたが、測定場所付近の電波状況も完全ではないのでこれくらいが妥当なのかもしれません。

まとめ

UQ mobileは通信速度が出にくい平日の12時台でも、しっかりと安定した通信ができると定評のMVNOです。au系MVNOなのでau端末を使用することもできる数少ないMVNOです。月間利用料が3GB程度のミドルユーザーには特にオススメです。 通信品質を第一に考えたいという人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

関連コラム