【レビュー】U-mobile LTE使い放題を試してみた

格安SIMは料金が安い分、高速通信量の上限があります。
そんな格安SIMにおいて、異色の使い放題プランがあります。U-mobile LTE使い放題を紹介します。

格安SIMとは

格安SIMは、大手通信会社の通信回線を借りて行っているMVNOサービスです。

大手通信会社の月額プランとは違い、月で利用できる高速通信の通信料の上限を細かく設定することで、利用料金を抑えています。

例えば、株式会社U-NEXTのU-mobileの場合、通信専用プランにて、月の高速通信量1GBの場合は月額790円、5GBの場合は1,480円となっています。

通話プラスの場合、通信量3GBで月額1,580円、通信量5GBで1,980円となります。

大手通信会社と月額料金を比較すると、数分の一の料金となります。

このような料金面でメリットのある格安SIMですが、時代と共にかわりつつあります。

まず通話のできるプランの登場です。

格安SIMが登場した当時は、通信専用SIMのみでしたが、格安SIMが流通するようになると、大手通信会社からMNPをするニーズが生まれてきました。

つまり、メインの電話回線として格安SIMを使いたいユーザーが増えてきます。

そこで、格安SIMに通話のできるプランが登場し、MNPに対応しました。

また、スマートフォンのニーズが高くなるに連れて、月の通信量を大容量にしたいユーザーが増えてきました。

格安SIMでも、月の高速通信量を25GB以上使えるプランを用意するMVNOサービスが増えてきました。

リーズナブルな価格で大容量を提供する、というスタイルに変わりつつあります。

異色の使い放題プランの登場

格安SIMの中で異色のプランとして、使い放題プランがあります。

通信量を抑えて、月額料金を抑えているMVNOサービスにて使い放題プランを提供するメリットは何でしょうか。

使い放題プランと言っても、通信速度を抑えたサービスとして、さらに数日間の利用状況によっては通信速度制限を設定しています。

それでも、ユーザーとしては、月の通信量を気にせず利用ができます。

毎月、月末近くなると、通信速度制限で、低速で1週間近く過ごすようなユーザーにとっては、日常的に速度が遅めでも、通信量を気にせず利用できる使い放題プランが魅力的です。

U-mobile LTE使い放題プラン

使い放題プランを用意しているMVNOサービスは、株式会社U-NEXTのU-mobileがあります。

U-mobile LTE使い放題プランは、月の高速通信量が使い放題のプランです。

ただし、他のMVNOサービスに比べて、通信が混んでいる時間帯は、速度が遅めになる傾向があるようです。

U-mobile LTE使い放題

U-mobile LTE使い放題

料金は、通信専用の場合、月額2,480円、通話プラスの場合、2,980円(最低利用期間6カ月)、2,730円(最低利用期間12カ月)となります。

実際に利用してみると、夜の混雑時には、1Mbps以下の速度になる場合があり、WEBの読み込みの時間がかかるようになり、実用的ではありませんでした。

通信速度が低下した例。東京都内にて20時台で測定。

速度低下のため、利用時間帯を選んで利用する必要がありました。

それでも、一日に長時間通信するユーザーにとって、使い放題のメリットは大きくあります。

まとめ

月の通信量を大量に利用したい場合、ギガプランを用意している格安SIMを選択することで、リーズナブルになります。

ただ、毎月安定してギガプランで用意している通信量を利用しきれない場合、通信量が無駄になってしまいます。

月の通信量が大きく上下するようなユーザーは、使い放題プランを選択した方がよいでしょう。

ただ使い放題プランと言っても、通信速度が出なかったり、制限がされている場合がありますので、ユーザーが自分の利用状況を考えて、工夫して利用することをお勧めします。

例えば、スマートフォンを2台持ちにして、一台は使い放題プランの格安SIMを入れてメイン端末にします。

もう一台は、通信専用で高速通信量3GB程度の格安SIMを使います。

使い放題プランの速度が出ないときは、二台目のスマートフォンを使い、テザリングで利用したりすることで、速度低下をカバーすることができます。

格安SIMは、安いプランだけでなく、ギガプランや使い放題プランとバリエーションが増えてきています。

特に通信量が沢山必要なユーザーは、いろいろなプランが用意されているMVNOサービスを利用すると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!