半年無料お試しができる!DTI SIMで格安SIMを体験してみては?

格安SIMを利用するユーザーが増えています。大手通信会社の通信プランを利用ユーザーには、格安SIMへの興味があると思いますが、利用していないユーザーはまだまだいます。そんなユーザーにお勧めの無料のお試しプランのあるDTI SIMをご紹介します。

格安SIMとは

格安SIMとは、NTTドコモやKDDIの回線を利用したMVNOサービスです。月額の高速通信利用量を制限したり、通信速度の制限を行うことで、大手通信会社より割安で提供しています。

大手通信会社が、月額プランにて、7,000円程度かかるところを、通信のみであれば、月額1,000円以下、通話プラン込みで月額2,000円以下で利用することが可能です。

大手通信会社ならではの話し放題プランや、通信速度品質の安定性などありますが、ユーザーが自分の利用シーンを想定して、必要な高速通信容量を把握できれば、このような格安SIMで、スマートフォンを通常利用で運用することは可能です。

音声SIMを選択すれば、大手通信会社からのMNPによる電話番号移行も可能です。月額運用費を、大手通信会社の半分以下で運用できるメリットは大きいでしょう。

格安SIMのデメリット

料金で大きなメリットのある格安SIMですが、一方、デメリットもあります。まず、実店舗がないサービスが多いため、オンラインによる申し込みとなります。オンラインのため、店舗によるサポートがなく、メールや電話によるサポートとなります。

スマートフォンに慣れているユーザーは特に問題がないかと思いますが、大手通信会社のような実店舗のサポートを希望するユーザーには、大きなデメリットとなるでしょう。

また、格安SIMは、基本的にユーザーが別途端末を入手して、SIMカードを挿して設定をする必要があります。端末に関しては、ネット通販で、SIMフリーの格安スマホが入手できます。

こちらの作業は慣れてしまえば、簡単ではありますが、SIMカードの取り扱いに慣れていないユーザーは、躊躇してしまう点でしょう。

無料お試し期間のある格安SIM

格安SIMは、大手通信会社と違う点があり、不安を覚えるユーザーもいるかと思います。そのようなユーザーにお勧めなのが、無料お試し期間のある格安SIMです。無料期間で試してから、有料プランに移ることもできますし、解約も可能です。

無料期間のある格安SIMとしては、株式会社ドリームトレインインターネットのDTI SIMがあります。

DTI SIMは月の高速通信容量に合わせて、様々なプランが用意されています。月の高速通信容量が1GBから20GBまで、また、使い放題プランも用意されています。

そのDTI SIMの中で、無料プランがあるのが、「データ半年お試しプラン 3GB」と「データSMS半年お試しプラン 3GB」です。通信専用プランで、それぞれ、7か月目以降は、840円、990円となりますが、6か月までの無料期間で解約は可能です。なお、初期費用の3,000円は必要となります。

DTI SIMを試すためには、スマートフォンが必要ですが、NTTドコモのMVNOサービスのため、NTTドコモのスマートフォンの利用者は、自分でAPN設定をすれば利用が可能です。また、半年間の利用を前提で、格安スマホを入手するのも良いでしょう。

注意点としては、DTI SIMを初めて利用するユーザー限定の無料プランであることと、無料期間中は、データ容量の繰り越しはできないことです。

このようなお試し無料のあるDTI SIM以外で、無料でお試しをしたい場合は、雑誌の付録を利用する方法もあります。格安SIM特集を行っている雑誌では、付録でSIMカード自体を付録として、提供している場合があります。付録ということで、利用できる通信容量に制限がありますが、ちょっと試してみるには良いでしょう。

まとめ

利用料金の安さから人気の高い格安SIMですが、利用に不安を感じるユーザーもまだまだいると思います。料金の安さから、サポートや通信品質など、気になる点です。

しかし、実際に使ってみると、大手通信会社と変わらずに利用できることがわかります。時間帯や利用する地域によっては、大手通信会社より通信速度が出ない場合がありますので、無料期間中に主に利用する場所で、通信を試すことができます。また、設定に困った際など、実際にサポートへの問い合わせなど体験ができます。

DTI SIMのような無料期間のあるサービスを試すことで、格安SIMへの不安感を払しょくできるでしょう。是非お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!