スマホのバックアップは定期的に実行しよう

スマートフォンは毎日利用している機器のため、急な故障など発生すると困ります。いつも参照しているデータにアクセスできなかったり、今まで撮影した写真データが見れない、といったトラブルが想定されます。トラブル対策のため、スマートフォンのバックアップをお勧めします。

スマートフォンの故障とは?

スマートフォンは、電子機器で、さらに毎日持ち歩いています。いろいろなトラブルが発生する必要があります。一番多いのが落下でしょう。ディスプレイを割ってしまったり、本体が破損する可能性があります。また、水場で落下させると水没といったトラブルにもなります。防水機能がついていないスマートフォンの場合、本体に水分が入ってしまうと、基盤がショートしてしまい、起動しなくなってしまいます。

通常利用でも、急に電源が入らなくなるトラブルもあります。多くの場合、バッテリーなどの充電不良が原因となります。バッテリーが交換できるタイプであれば、新しいバッテリーを入手すれば解決することはありますが、本体内蔵型バッテリーであれば修理に出して、バッテリー交換をしてもらう必要があります。

また、稀ではありますが、メモリカードのトラブルもあります。煩雑にメモリカードの出し入れをしたり、メモリカードの書き込み中にカードを抜いてしまったりした場合、データが破損するだけではなく、メモリカード自体が物理的に読み込めなくなってしまう場合があります。この場合は、スマートフォンで読めなくても、パソコンで読める可能性がありますので、パソコンで読めた場合は、すぐにデータをパソコンに保存しましょう。

最近のスマートフォンではあまりありませんが、OSのトラブルで起動しなくなるここともあります。この場合は、端末を初期化するしか方法がなくなってしまう例があります。

トラブル対策のためにバックアップを

いろいろな環境で使うスマートフォンだからこそ、バックアップが必要です。同じ場所で使うデスクトップパソコンや、座って利用することが中心のノートパソコン以上に、スマートフォンはトラブルの可能性があります。

バックアップをとっておけば、端末が故障してしまい、初期化の必要が出てきた際にも、初期化してデータを戻して、再び利用することができます。また、修理もできずに買い替えとなった場合も、バックアップデータを利用することで、同じ環境で利用することが可能になります。

バックアップに関しては、毎日とることが理想ではありますが、例えば一か月に一度のバックアップでも、ある程度データを復旧することができます。定期的にバックアップをとる習慣をつけましょう。

Androidの標準機能のバックアップを利用

Androidには標準機能でバックアップがあります。Googleアカウントの設定時にバックアップをオンにするメニューが出てきますので、その設定をオンにしておけばバックアップが取れます。

また、設定のバックアップからオンにすることが可能です。このAndroidのバックアップ機能を利用することで、端末が初期化された場合もバックアップデータから復元することが可能です。データは、Googleのサーバー上に保存されています。

Androidのバックアップ

バックアップアプリを利用

Androidのバックアップ機能はGoogleアカウントのデータやWi-Fi接続情報、それぞれのアプリに関連したデータのバックアップはできますが、個々のデータの保存はできません。写真や書類など、別途バックアップをとっておくことが必要です。その場合はバックアップ用のアプリを利用すると簡単です。

例えば、バックアップアプリ「JSバックアップ」を利用することで、端末内のデータのバックアップができます。自動バックアップや、アプリ毎のapkファイルの保存も可能です。

JSバックアップ(Android用)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.johospace.backup&hl=ja

JSバックアップ

まとめ

スマートフォンは、毎日いろいろなシチュエーションで利用する端末のため、急に調子が悪くなることがあります。そのような事態に備えてバックアップは必須です。バックアップとしては、定期的にとっておくことと、複数の手段でバックアップしておくことが安心です。

例えば、一か月に一回、クラウドとメモリカードにバックアップをしておく、ということだけでも安心です。また、大事な写真や書類を、Gmailで自分宛にメールで送っておく、というだけでもバックアップになります。不意のトラブルに備えてバックアップをとりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!