ポイントカードをスマホで活用しよう

オンラインショップやコンビニエンスストアでは、ポイント還元できるポイントサービスが盛んです。ポイントカードは、割引が使えてユーザーメリットは大きなります。ポイントサービスをスマートフォンで活用する方法をご紹介します。

ポイントサービスとは

ポイントサービスは、ショップで購入した金額に合わせてポイントバックされる仕組みです。購入金額の数%程度のポイント還元が一般的です。貯まったポイントは、次回の買い物時に、ポイント相当の金額が割引となります。このようなポイントを貯めるには、そのショップ用のポイントカードを作る必要があります。ほとんどの場合、無料でポイントカードが入手できますので、購入時にはポイントカードを作った方がお得になります。

違う店にて、購入する度にポイントカードを作成することになりますので、ポイントカードがどんどん増えてしまうことになります。ポイントのメリットはあるものの、常に多数のポイントカードを持ち歩く手間を考えると、ポイントカードを使うのを止めてしまうユーザーもいることでしょう。

ポイントアプリ

ポイントサービスは、このようにポイントカードに依存していました。ただ最近は会員カード毎にIDを発行して、オンラインで利用できるサービスも増えています。オンライン上で、発行されたIDとパスワードを設定することで、自分のポイントを確認できたり、オンラインショッピングでポイントの利用ができるようになりました。

ポイントサービスのオンライン化は進んでいますが、実店舗でポイントを利用するためには、相変わらずポイントカードのバーコードの読み込みが必要な場合があります。そこで、そのポイントカードの代わりに使われているのが、スマートフォンのポイントカードアプリです。アプリに会員IDを入力することで、通常はカードに表示される会員バーコードが、スマートフォンの画面に表示される、という仕組みになります。

バーコードが表示されたスマートフォンの画面を、店舗にてバーコードスキャナーにて読み込む、という原始的な方法ではありますが、このアプリのおかげで、会員カードを持ち歩く必要がなくなります。

また、アプリ上に自分の所有ポイントの確認や、ポイントが使用できる店舗の確認、ポイントキャンペーンサービスのお知らせなど表示する機能があり、さらにポイントを活用できる仕組みとなっています。財布の中に貯まっていくポイントカードよりは、スマホ上のポイントカードアプリが増えるだけなので、持ち歩きやすくなります。いざというときに、ポイントカードを忘れる、ということもなくなります。

ポイントカードアプリ例

ポイントカードアプリの例をいくつか紹介します。どのアプリも利用方法は簡単で、アプリに自分の所有するカード番号を登録すれば利用できるようになります。

dポイントクラブ

まず、ドコモの「dポイントクラブ」アプリです。ドコモのdポイントは、ドコモのスマートフォンユーザー以外も使えるポイントサービスで、買い物などでポイントを貯めることができます。また、実店舗で使えるクーポンも充実しており、買い物や飲食でお得になっています。

dポイントクラブ(Android用)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nttdocomo.android.dpoint&hl=ja

dポイントクラブ(iOS用)
https://itunes.apple.com/jp/app/dpointokurabu/id821434357?mt=8

dポイントアプリ

dポイントカードを画面に表示

dポイントアプリのクーポン例

Pontaカード

続いて、コンビニエンスストアのローソンで使える「Pontaカード」アプリです。「Pontaカード」は、リクルートIDにて管理ができ、ローソン以外でも利用が可能です。アプリ上で、クーポンで利用できる商品の参照もできます。

Pontaカード(Android用)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ponta.myponta&hl=ja

Pontaカード(iOS用)
https://itunes.apple.com/jp/app/ponta%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%85%AC%E5%BC%8F/id1036066384?mt=8

「Pontaカード」アプリ

クーポン画面

まとめ

ポイントカードは便利である反面、数が増えてると可搬性が悪くなってきます。スマートフォンアプリで、カードを代用できる場合は、なるべくアプリで利用した方が利便性は高くなります。

自分で利用しているカードの中で、スマホアプリにてサービスが提供されている場合は、是非アプリを導入しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!