iPhoneのOSアップデートで格安SIMで注意すること

スマートフォンは、OSのアップデートが必須です。セキュリティの面から、最新のOSを使っている方が安全であり、さらに、新機能も追加されていることがあり、ユーザーメリットは大きくなります。ただ、格安SIMで運用している場合、OSアップデートで注意すべき点があります。

OSアップデートとは

スマートフォンに搭載されているOSは、主にGoogle製のAndroid OSと、アップル製のiOSとなります。どちらのOSも、アップデートが行われ、毎年バージョンがアップします。このOSアップデートは、いろいろな意味があります。

まず、機能アップです。バージョンアップされる度に、いろいろな機能が追加されます。そして、不具合の是正です。大きな不具合がなくても、ちょっとした改善が多く含まれていることがあります。最後に、セキュリティのアップです。不具合だけでなく、脆弱性などあると、ネットで利用すると危険な場合があります。

このような意味のあるOSアップデートは、ユーザーは必ず適用すべきものです。ただ、Androidの場合は、メーカー毎にアップデートの時期が変わってきており、新しいOSのリリース後すぐにアップデートができない場合が多くなっています。これは、メーカー毎にOSのカスタマイズなどの問題から、検証に時間がかかる場合があったり、OSアップデートにより機種固有の不具合が発生してしまう場合はアップデートを見送る場合もあります。多様な仕様になっているAndroidスマートフォンは、その分選択肢が多くなっていますが、OSアップデートへの対応は後手に回ってしまうことがあります。

その点、iOSに関しては、iPhoneという一つのシリーズへの対応となりますので、余程の古いモデルでない限り、全機種にアップデートが適用可能です。そのため、iPhoneユーザーの新OSへの移行は、多くのユーザーが行っており、新OSのシェアが高くなっています。

OSアップデートの注意点

OSアップデートは必ず適用したいところですが、注意点もあります。OSのアップデートにより、稼働しなくなるアプリが出る可能性があります。そのような場合は、アプリのアップデートも必要となります。

アプリがOSアップデートに合わせて、同時にリリースすることは稀なので、頻繁に利用するアプリのアップデートに合わせて、OSのアップデートを適用する、というのも一つの選択肢です。緊急を要するアップデート以外は、アプリの対応状況を調べてからアップデートすると良いでしょう。

また、OSアップデートにより、動作が遅くなってしまう場合もあります。従来のOSでは軽快に動いていたものが、OSアップデートにより、全体的に遅くなってしまう、という事例は、ローエンド機種で発生しやすくなります。

格安スマホと呼ばれる機種は、割安な仕様となっており、前世代のOSで使われていた部品など使われている格安スマホは、現状でベストな動作はするものの、OSアップデートで動作が重くなってしまうこともあるでしょう。このような場合は、OSアップデートを適用せずに、セキュリティ面に注意を払いながら、現状のOSのままで使う、という方法もあります。

格安SIMユーザーがOSアップデートで注意すべき点

OSアップデートは、格安SIMユーザーも注意すべき点があります。特に、iPhoneユーザーです。格安SIMで、iPhoneを利用する場合、SIM毎に構成プロファイルをインストールする必要があります。この構成プロファイルによる動作が、OSアップデートで動かなくなることがあります。

自分の利用しているMVNOサービスが、OSアップデートによる動作確認がされているかどうかを、格安SIMをiPhoneで利用するユーザーはチェックする必要があります。OSアップデートで、格安SIMが利用できない、ということが発生する可能性があるからです。

格安SIMをiPhoneで利用する場合は、iOSのアップデートに対応した構成プロファイルがリリースされているかどうかを確認してから、アップデートした方が安全です。iOSのアップデートが、iPhoneの全ての機種に対応していても、ユーザーが利用している格安SIMが、OSアップデートに対応していない場合は、SIMによる通信が不可になってしまうので、注意が必要です。

iOSのアップデート例

まとめ

OSアップデートはメリットやセキュリティを考えると適用すべきものではあるのですが、アプリの対応を考慮した上でアップデートのタイミングを計った方が良いことがあります。

さらに、iPhoneの場合は、OSのアップデートが、自分の利用している格安SIMへの対応をしているかどうかを確認してから、アップデートを適用しましょう。格安SIMが利用できないと、通信が不可になってしまいます。格安SIM各社のホームページにて、OSアップデートへの対応をチェックするようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!