LINEモバイル、「のん」出演のテレビCM初公開!新サービスも発表に!

3月14日にLINEモバイルの新CM&サービス発表会が行われました。
SIMコンシェル編集部も発表会に参加してきましたので、速報をお届けします!

LINEモバイルの今後の展開

順調に契約者も増え、ネット上での口コミでも満足度の高いLINEモバイルですが、より多くの方に使ってもらうために以下の3点にこれから注力していくそうです。

  1. サービスの更なる拡充
  2. タッチポイントの拡大
  3. プロモーションの実施

それぞれ詳しくご紹介します。

【3月31日まで】最大3ヶ月分の月額料金が無料&3ヶ月×3GBプレゼントキャンペーンを実施中!!
>>LINEモバイルの公式サイトを見る

【サービスの更なる拡充】カウントフリーの拡大&待望の通話定額開始!

「MUSIC+プラン」カウントフリー対象サービスの拡大

「LINE」をはじめとする主要SNSサービスに加えて音楽サービスのデータ消費がカウントされずに使い放題となる「MUSIC+プラン」では、現在、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」がカウントフリー対象サービスとなっています。

今回さらに、2017年初夏を目処に対象サービスの拡大を予定していることが発表されました。

対象サービスの詳細については、サービス開始時にお知らせするとのことですが、定額制オンデマンド型音楽配信サービスとしては、「AWA」「Apple Music」「Google Play Music」「Amazon Prime Music」などがあります。

どこまで対象になるかはまだわかりませんが、LINE MUSIC以外の音楽アプリを使っている方にとっては、通信量削減の救世主になりそうです。

「通話定額オプション」の提供

LINEモバイルのデメリットとして、通話定額サービスが無いことが挙げられてきました。

LINEで通話すれば特に気にする必要のない問題なのですが、月ごとの通話時間に変動のある方や音声通話をビジネスシーンなどでよく利用する方からの要望が寄せられていたそうです。

そこで、LINEモバイルも「通話定額オプション」を提供することが決定されました。

金額など、オプション内容の詳細については、2017年初夏のサービス開始時発表されるそうですが、これまで通話料を理由に乗り換えを躊躇していた方にとっては朗報ですね。

【タッチポイントの拡大】即日受渡しカウンターの開設!

格安SIMは基本的に店舗を持たないことで月々の通信量を安くすることができています。

LINEモバイルでも、これまではインターネットでの申し込みのみ受け付けていましたが、2017年3月15日より、ビックカメラ、ヨドバシカメラ全10店舗にて“即日受渡しカウンター”を開設します。
さらに、今後は、リアルでのタッチポイントを全国100か所以上に拡大していくそうです。

どうしても直接話を聞いてから契約をしたい、という方にとっては嬉しいニュースですが、まだまだ拠点も少ないので、早く乗り換えたい方にはインターネットでの申し込みがおすすめです。

インターネットでの申し込みは公式サイトから行えます。
>>LINEモバイルの公式サイトを見る

【プロモーションの実施】初のテレビCMを放映!

3月15日より、LINEモバイルとしては初のテレビCMの放映を開始します。 キャッチコピーは「愛と革新。」で、「LINEモバイル」が実現する、ユーザーが本当に求めるサービスを、ユーザー目線で考え、既存の通信とコミュニケーションの関係を刷新していくという想いが込められています。

また、CMタレントには女優、声優、アーティストなどとして幅広く活躍し、老若男女問わず全世代から愛されているということで、「のん」さんが起用されました。

CM動画はこちらからご覧いただけます。
https://youtu.be/2jlNR9xwaLo

サービス開始半年間の実績からわかる、LINEモバイルの実力

「申し込み件数」、「平均月額基本利用料」ともに大きく成長

2016年10月と2017年2月の月別の「週次平均申込完了件数」を比較すると約2.4倍となったことに加え、月間申込完了件数ベースでの「平均月額基本利用料」は1,290円(2016年10月)から1,600円(2017年2月)へ伸びています。

これは、LINEモバイルをメインで使う方が増えてきた、ということに他なりません。

上昇する「コミュニケーションフリープラン」比率および「音声通話SIM」比率

月別の申し込みプラン比率をみると、「コミュニケーションフリープラン」の 割合が46%(2016年10月)から66%(2017年2月*MUSIC+プランを含む)へと増加していることに加え、「音声通話SIM」の申し込み比率が50%(2016年10月)から65%(2017年2月)へと上昇し、ここからも「LINEモバイル」がメイン端末として選ばれる傾向が高まっていることがわかります。

また、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)による申し込み比率も32%(2016年10月)から44%(2017年2月)へと増加しています。

「LINEモバイル」ユーザー満足度調査結果

発表会では、2017年2月に約1万名から集めた、ユーザー満足度調査の結果も発表されました。 その数字からも、LINEモバイルの満足度の高さが伺えます。

ユーザー満足度93%

「LINEモバイル」の満足度を聞く質問では、ユーザー満足度93%(「とても満足」31%、「満足」48%、「やや満足」14%)となり、多くの方が満足していることがわかりました。

最も満足している点は「プランの価格/シンプルさ」(73%)

「LINEモバイル」の満足している点を問う質問では、上位5位が「プランの価格/シンプルさ」73%、「カウントフリー機能」55%、「データ繰り越し」42%、「通信速度/安定性」40%、「LINEの他サービスとの連携(LINEポイント、年齢認証)」37%となり、「LINEモバイル」ならではのサービス展開や安定性などのサービス運営面において支持されていることがわかりました。

まとめ

SIMコンシェルでは、毎月格安SIMを提供しているMVNO各社の速度調査を行っていますが、LINEモバイルは安定して速い通信速度を記録しています。

また、ほとんどの方のスマホの使い方は、LINEやInstagram、Facebook、TwitterなどのSNSの利用がメインになっているのではないでしょうか。 そのような方にとって、主要SNSがカウントフリーで利用できるLINEモバイルはとてもお得に利用ができます。

初めての格安SIMでどこにしようか悩んでいる方には、自信を持ってLINEモバイルをおすすめします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

関連コラム