外付けレンズで格安スマホのカメラを活用する方法

スマートフォンの内蔵カメラに、外付けレンズを付けて活用する方法をご紹介します。安価な外付けレンズ、高機能レンズ、一眼レフレンズなど、様々な利用方法があります。

スマートフォンの内蔵カメラ機能

スマートフォンで便利な機能として、内蔵カメラがあります。昔であれば、写真を撮るためにはカメラが必要でしたが、今はちょっとしたスナップであれば、スマホの内蔵カメラで十分になってきました。

スマートフォンの内蔵カメラの用途は様々です。スナップ撮影から、自撮り撮影、メモ代わりに撮影、などいろいろあります。これらの用途に合わせて、スマートフォンの内蔵カメラは、広角レンズが搭載されており、接写にも強くなっています。いろいろな用途に合わせることで、このような仕様になっています。

また、技術の進歩により、デジタルズームや光学ズームを搭載するようになってきました。そして、手ぶれ補正機能を搭載し、動画撮影も利用が可能です。最近では、二つのレンズを搭載し、一眼レフのようなボケ機能を楽しめるスマホも登場しています。

写真加工アプリとSNSでの共有

スマホ内蔵カメラの楽しさは、撮影だけで終わらないところです。撮影した写真をアプリですぐに加工することができます。露出や色合いを変えるだけでなく、トリミングしたり、写真を合成したり、と、パソコンソフト並の編集も可能になってきました。

さらに、これらの編集した写真を、ソーシャルネットワークサービスにて共有する楽しさもあります。特に、写真や動画に特化したサービスであるInstagramは女性を中心に人気が高くなっています。

スマホの内蔵カメラは、撮影だけはなく、写真をコミュニケーション手段に昇華させています。

外付けレンズでさらに楽しむ

このように幅広く楽しめるスマホ内蔵カメラですが、さらに、活用する方法として、外付けレンズを利用する方法があります。スマホの内蔵カメラは、広角レンズの固定焦点距離である場合が多くなっています。もう少し寄りたい、とか、もう少し接写したい、とか、デジタルカメラであれば、ズームレンズやマクロレンズで対応できる部分が難しいことがあります。

スマホ内蔵カメラを幅広いシーンに対応させたい場合、外付けレンズを利用すると効果的です。あまりカメラ機能スペックの高くない格安スマホでも、手軽にズーム撮影やマクロ撮影が可能になります。外付けレンズの性能にも寄りますが、デジタルズームするよりも、劣化が少ない場合がありますので、効果的です。

外付けレンズの例

高機能な外付けレンズ

スマホ用外付けレンズは、簡易でリーズナブルな製品が多いのですが、これとは一線を画した高機能レンズがあります。「ExoLens with Optical by ZEISS Wide」です。レンズメーカーとして有名な「カールツァイス」ブランドのレンズとなっています。

ExoLens with Optical by ZEISS Wide

このレンズは、iPhone 6/6s、6 Plus/6s Plus対応となっています。iPhoneのカメラが35mm換算で29mm程度のため、18mm程度の広角レンズとなります。外付けレンズを付けることによる画質の劣化は最小限となっており、広角による歪みも少なく、作品作りにiPhoneを利用しているユーザーにお勧めの外付けレンズとなっています。

一眼レフ用のレンズを利用する

トリッキーな方法にはなりますが、一眼レフ用のレンズをスマートフォンで利用する方法があります。TurtlebackによるジャケットとDOFアダプターを利用することで、一眼レフのレンズを使うことができます。レンズが大きいため、見た目はバランスが悪くはなりますが、撮影データは、一眼レフの高機能レンズの雰囲気がある作品作りが可能です。大きなボケを生かした撮影や、フォーカスをマニュアルで移動しながらの動画撮影など、高機能カメラのような使い方が可能になります。

レンズは、マウントアダプターを利用することで、各社のレンズが利用可能となりますので、一眼レフレンズを所有のユーザーにはメリットのある方法です。

Turtlebackジャケットを利用した例

まとめ

スマホ内蔵カメラを利用したSNSでの写真コミュニケーションが盛んではありますが、ほとんどが内蔵カメラの画角をそのまま使っているため、同じような写真になりがちです。

今回ご紹介した外付けレンズを活用することで、普段撮れないような構図やアングルで撮影が可能になり、写真にバリエーションが出てきます。スマホ内蔵カメラで、ちょっと工夫をしたいとき、アプリの活用もよいのですが、このように外付けレンズを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!