解説!ガラケーからiPhoneへのデータ移行方法

携帯電話ユーザーがiPhoneに移行する際に、悩みの種はデータの移行です。携帯電話の機種変更のように簡単に移行ができません。できれば、iPhoneやパソコンに慣れているユーザーと一緒に移行作業を行いましょう。

ガラケー同士の機種変更に関して

携帯電話同士の機種変更の際のデータ移行は、簡単にできるようになっています。microSDメモリカードにバックアップを取り、そのデータを新しい機種に復元すれば、電話帳やブックマーク、写真などのデータが移行できます。

メモリカードのない時代はケーブル経由でパソコンやCD-ROMにバックアップを取る必要がありましたが、現在は、ほとんどの携帯電話がmicroSDメモリカード対応のため、データ移行が簡単になっています。

ただし、このバックアップデータの利用は、携帯電話同士でのみ利用となっており、スマートフォンでは利用ができません。

ガラケーのデータをiPhoneに移す方法

携帯電話からiPhoneに機種変更する際に、データを移行するには、まとめての移行ができません。電話帳、メール、写真といったデータの種類毎に、それぞれのデータ移行の方法をとる必要があります。

まず電話帳です。携帯電話の電話帳のデータをmicroSDメモリカードにコピーします。

microSDメモリーカードの「SD_PIMフォルダ」に電話帳のデータが保存されています。この保存されているデータを、パソコンからiPhone宛にメールにて添付で送ります。

iPhoneで添付メールを受け取って、添付ファイルを開くことで、iPhoneに電話帳データが取り込まれます。このように、microSDメモリカードを読みこみができるパソコンを用意する必要があります。

続いて、写真です。写真に関しては、パソコンソフトのiTunesを利用します。iTunesは、オンラインで音楽や動画を楽しむことができるソフトですが、iPhoneのバックアップや同期ができるソフトです。iPhoneユーザーは、パソコンにインストールしておくと便利ですので、是非インストールしておくことをお勧めします。

このiTunesは、パソコン上の写真データをiPhoneに同期する機能があります。この機能を利用して、携帯電話の写真データを転送します。携帯電話の写真データをmicroSDメモリカードにコピーして、この写真データをパソコンにコピーします。

iPhoneとパソコンをiTunesで接続した際に、この写真データを同期するように設定を行い、iPhoneに写真が転送されます。

メールのデータ移行は難しい点があります。携帯電話のメールデータをmicroSDメモリカードにコピーして、パソコンにてeml形式に変換を行い、この変換したメールデータをメールソフトThuderbirdなどにてGmailに保存します。

そして、iPhoneにてGmailと同期することで、メールデータの移行がすることなります。

ブックマークの移行もパソコンのデータ変換作業が必要ですmicroSDメモリカードにコピーして、パソコンにて、vbm形式をhtml形式に変換します。パソコンソフトSafariにて、このブックマークを読み込み、iCloud経由でiPhoneのSafariと同期を行います。

まとめ

携帯電話からiPhoneにデータを移行するのは、このように手間がかかる作業です。それぞれのデータ移行に、パソコンやパソコンソフトが必要となり、iPhoneやパソコン操作に慣れている必要があります。

実際には、データ移行に関しては、電話帳や写真データの移行を行うだけで良いかと思われます。携帯電話で見ている携帯サイトは、iPhoneでは閲覧ができませんので、ブックマークの移行はあまり役立ちません。

また、携帯メールは、同じ通信会社のiPhoneに移行する場合は、同じメールアドレスの利用は可能ですが、通信会社を変更したり、格安SIMにMNPする場合は、携帯メールが利用できなくなります。

そのため、iPhoneでメールを利用する場合は、GmailやiCloudのメールを利用した方がiPhoneでは便利になりますので、携帯メールの利用はやめることをおすすめします。

前述した携帯メールの受信メールをGmailに同期させる方法はありますが、手間がかかりますので、アナログな方法になりますが、しばらく携帯電話を併用することで、過去のメールは携帯電話を参照するようにした方が良いでしょう。

携帯電話からiPhoneへの機種変更におけるデータ移行は手間がかかりますが、一度移行してしまえば、iPhone同士の移行は簡単に行えますので、iPhoneへの機種変更をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!