【レビュー】サウンド機能が充実したタブレット「MediaPad M3 Lite 10」

格安SIMの用途として、スマートフォンに内蔵されるユーザーが多いと思いますが、タブレットに内蔵させても便利に活用ができます。
サウンド機能が充実しているタブレットMediaPad M3 Lite 10をご紹介します。

タブレットの便利な活用方法

格安SIMの普及で、格安スマホのユーザーが広がっています。

この格安スマホは、SIMフリー仕様になっており、MVNOサービスの格安SIMを利用することができます。

安い料金プランで、スマートフォンを利用できるため、大手通信会社の月額プランに比べて、コスパが高くなっています。

格安SIMの使い道として、タブレットで活用する方法もあります。

タブレットの多くは、Wi-Fiモデルとなっており、自宅や会社のWi-Fiを利用する、という屋内利用が主になっています。

ただ、アクティブなユーザーは、タブレットをモバイルで活用しています。通信方法としては、パソコンを利用するときと同じように、公衆無線LANや、モバイルWi-Fiルーターを利用することになります。

さらにアクティブにタブレットをモバイルで活用する場合は、LTE内蔵モデルをお勧めします。

LTE内蔵モデルは、SIMカードを内蔵することができ、スマートフォンと同じように、携帯回線にて通信が可能です。

また、タブレットの中には、通話に対応している機種もあり、スマートフォンと同じように通話が可能になっています。

このようなLTE内蔵タイプのタブレットは、実は、格安SIMと非常に相性が良くなっています。

それは、格安SIMの複数SIMプランです。
複数のSIMを発行できるプランのMVNOサービスの場合、月額プランで契約している高速通信量を、複数のSIMにてシェアすることができます。

例えば、2枚別々に契約するより、安価に2枚のSIMを利用することができます。

このようなプランを利用することで、経済的に負担が少なく、スマートフォンとタブレットの両方に格安SIMを入れた運用が可能になります。

このように格安SIMユーザーには、LTE内蔵タブレットがお勧めです。

サウンド機能が充実したタブレットMediaPad M3 Lite 10

タブレットの用途としては、画面の大きさを生かしたWEBブラウス、電子書籍、写真閲覧などありますが、一番ユーザーが期待している用途としては、動画があります。

動画ストリーミングサービスにて、動画を閲覧する場合、少しでも大きな画面で閲覧したいものです。

モバイルでも、10インチ以上のサイズで閲覧したいでしょう。このような用途にタブレットは最適です。

タブレットで動画鑑賞する場合に、重要なポイントとしてサウンドがあります。

高画質で映画を鑑賞する場合、音が小さかったり、モノラルで迫力がなければ、映画の魅力も半減です。

外付けのBluetoothスピーカーを利用する方法もありますが、できれば、本体のみで楽しみたいものです。

このような動画鑑賞に最適なタブレットがリリースされています。MediaPad M3 Lite 10です。

MediaPad M3 Lite 10
http://consumer.huawei.com/jp/tablets/MEDIAPAD-M3-LITE-JP/index.htm

MediaPad M3 Lite 10

約10.1インチの動画閲覧に最適な高精細なディスプレイに加えて、特徴としては、4つのスピーカーの搭載となります。

横画面にした場合、上部に2個、下部に2個のスピーカーが内蔵されており、独自のサラウンドシステムにより、迫力のあるサウンドの再生が可能です。

オーディオブランドの「ハーマンカードン」のチューニングとなっています。

内蔵スピーカー

さらに、MediaPad M3 Lite 10は、LTE内蔵モデルが用意されており、SIMフリー仕様で、MVNOサービスのユーザーにお勧めです。

SIMスロットとmicroSDメモリスロット

サイズ:高さ約173mm、幅約240mm、厚さ約7.1mm重さ約460g

カラー:スペースグレー

ディスプレイ:約10.1インチ,WUXGA(1920×1200),IPS

CPU:Qualcomm MSM8940 オクタコア, (4xA53@1.4GHz + 4xA53@1.1GHz)

対応OS:Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1

メモリ:RAM 3GB / ROM 32GB/microSDカード(最大128GB)

LTEモデル通信方式:FDD- LTE(Band 1/3/5/7/8/19/20)、TDD- LTE (Band 38/40/41)、W-CDMA(Band 1/2/5/6/8/19)、GSM(Band 2/3/5/8)

カメラ:メインカメラ800万画素(AF)、インカメラ: 800万画素(FF)

オーディオ:SWS 3.0サラウンドシステム、4スピーカー

バッテリー:容量 6660 mAh (一体型)

まとめ

タブレットは、各社より、いろいろなモデルがリリースされています。

その中でも、格安SIMユーザーには、LTE内蔵モデルがお勧めです。

動画鑑賞をメインに考えているユーザーには、ディスプレイ性能に合わせて、サウンド機能の充実している機種を選択することをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!