ほぼ全面ディスプレイ!Galaxy S8+【レビュー】

スマートフォンはディスプレイの大型化が進んでいます。
メインストリームとしては5インチ以上の端末となっていますが、その中でも、ディスプレイに特徴のあるGalaxy S8+を紹介します。

スマートフォンのディスプレイの二つの潮流

スマートフォンは年々機能がアップしています。

CPU、通信速度、バッテリサイズ、カメラなど、ハイスペックな端末には、その時代で一番の性能を持つパーツを惜しげなく使っています。

そのハイエンドスマートフォンの中では、ディスプレイへの重要度も高くなっています。

ディスプレイの進化において、二つの潮流があります。

一つは、大型化です。
大型であり、精細な表示とカラーの再現性は、写真や動画を閲覧する際に必須となっています。

タブレットまでの大きさにはせずに、6インチ以下で、以下に大型ディスプレイのメリットを出すか、ということを各社で競っています。

もう一つのディスプレイの潮流として、現在のトレンドになっているのが、狭額縁です。

ディスプレイを大型化しつつ、狭額縁にすることで、本体のサイズを小さくできるメリットがあります。

また、狭額縁にすることで、デザイン的にインパクトのある端末となります。

ディスプレイを最先端機能を搭載したGalaxy S8+

このディスプレイの二つの潮流の最先端となっているのが、サムスン電子製のGalaxy S8とGalaxy S8+です。

このGalaxyシリーズは、Galaxy S6 edgeやGalaxy S7 edgeにより、ディスプレイの左右をラウンドさせ、左右の縁がほとんどない狭額縁ディスプレイを実現していました。

最新モデルのGalaxy S8、Galaxy S8+では、ディスプレイをさらに進化させて、上下のスペースをほとんど無くした縦長のディスプレイを採用した狭額縁を実現しています。

今回、ドコモ版Galaxy S8+をお借りしましたので紹介します。

ドコモ版Galaxy S8+

USB Type-Cを採用

Android 7.0の画面分割機能にてアプリを同時表示した例

ディスプレイサイズは約6.2インチと6.2インチ超えの大型ディスプレイではありますが、縦長デザインであることと、狭額縁のため、持ちやすいサイズになっています。

解像度はQHD+(1440×2960)と高精細になっています。

CPUはQualcomm MSM8998(2.35GHz+1.9GHz、オクタコア)を搭載し、ベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」では、約16万というハイスコアを出しており、まさにフラッグシップスマートフォンです。

OSは最新のAndroid7.0、内蔵メモリはROM64GB、RAM4GBと十分な容量になっています。

またユニークな機能として、目の虹彩パターンでロックが解除できます。このロック解除は、慣れると、とても便利に活用できます。

画面タッチをせずに、自分に向けるだけでロックが解除できるため、片手で操作しており、タッチによるロック解除がやりにくいようなシーンで活用できます。

その他のスペックは以下になります。

サイズ 高さ約160mm、幅約73mm、厚さ約8.1mm、最厚部約8.3mm

質量 約173g

バッテリー容量 3500mAh

接続端子 Type-C

電池パック取り外し可否 着脱不可

ディスプレイサイズ 約 6.2インチ、QHD+(1440×2960)

CPU Qualcomm MSM8998、2.35GHz+1.9GHz、オクタコア

OS Android7.0

内蔵メモリ ROM64GB、RAM 4GB

外部メモリ(最大対応容量) microSD:2GB、microSDHC(UHS-I):32GB、microSDXC(UHS-I):256GB

まとめ

スマートフォンのハイスペック化に伴い、Galaxy S8+に見られるような大型ディスプレイの狭額縁化は、今後トレンドになっていくと思われます。

各社のハイエンドスマートフォンにおいて、採用されていくことでしょう。

このようなディスプレイの潮流は、格安スマホと呼ばれる機種にも徐々に進んでいくと思われます。

大型ディスプレイを搭載していない機種でも、狭額縁設計を採用することで、端末サイズの小型化ができるためです。

コストを抑えている格安スマホでは、このような技術はなかなか採用されていかないとは思いますが、狭額縁ディスプレイが大量生産されるようになり、コスト面で負担がなくなってくれば、格安スマホでも採用される可能性があります。

今後のスマートフォンは、ハイエンドも格安スマホも、どのようなディスプレイが採用されていいくのか、注目されるポイントとなります。

Galaxy S8+は、まさにその潮流の先端を行く端末となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!