台湾でSIMフリースマートフォンを活用する方法

海外でスマートフォンを利用する場合、SIMフリースマートフォンと現地のSIMカードを利用するとリーズナブルに活用できます。
今回は、台湾で利用した例を紹介します。

海外でSIMフリースマートフォンを活用する理由

海外に旅行したときに、スマートフォンで通信を行いたいものです。

特に初めて行く土地では、地図アプリ、ガイドアプリなど便利に利用ができます。

スマートフォンでアプリを利用するには、通信回線の確保が必要です。

海外では、フリーWi-Fiなど用意されている場所もありますが、できれば、携帯回線を利用して、どこでも通信をしたいものです。

海外旅行で、通信を利用する際に手軽な手段として、モバイルWi-Fiルーターがあります。

空港で貸出可能で、一日1,000円~2,000円程度でレンタルができます。

特に設定の必要もなく、現地に着いて電源を入れるだけで利用ができます。

端末に保存されているSSIDとパスワードをスマートフォンに設定することで、スマートフォンがモバイルWi-Fiルーター経由で通信ができるようになります。

さらに、手軽で割安に利用する方法があります。

SIMフリースマートフォンに、渡航先の現地SIMカードを挿して利用する方法です。

国によっては、渡航者向けにプリペイドSIMカードを用意している場合があります。

1GB~2GB程度の通信ができるSIMカードが1,000円程度で販売されていることが多く、期間の制限はありますが、数日で利用するのであれば、一日数百円で通信ができることになります。

また、通話ができるSIMカードを利用すれば、現地での通話が割安で利用ができます。

大手通信会社の国際ローミングを利用する場合は、現地で現地の相手に利用しても、ローミング扱いとなり、高額な通話料となってしまいます。

現地のSIMカードを利用すれば、現地の電話番号が割り当てられるため、通話料も安くなります。

SIMフリースマートフォンを所有しているユーザーであれば、このような現地プリペイドSIMカードは、リーズナブルなのでお奨めです。

APN設定やアクティベーションなどが必要ではありますが、空港などの携帯ショップで購入する場合、APN設定を行ってくれることがあります。

台湾にて海外SIMカードを利用

台湾に渡航する機会がありましたので、SIMフリースマートフォンに海外SIMカードを利用してみました。

今回利用したのは、「AISのプリペイドSIMカード」で、日本・韓国・台湾・シンガポール・オーストラリア・インド・ラオス・香港・マレーシア・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・ネパール、合計14の国のローミングに対応しているカードです。8日間で4GBの通信ができます。

タイのプリペイドSIMカード

日本にて事前に通販にて購入していたため、日本国内でAPN設定をしてから、台湾に渡航しました。

台湾では、通信状態も良く、快適に通信ができました。

通信速度の例

なお、空港携帯ショップにてプリペイドSIMカードが販売されていました。

5日間Data/Wi-Fiネット接続(通話NT$50分付き)で台湾ドルで$300という価格でした。

こちらは、台湾の松山空港の携帯ショップにて購入したものですが、携帯ショップにてAPN設定などの作業が可能でした。

台湾 中華電信 3G/4G 5day

事前準備ができればSIMフリースマートフォンと海外プリペイドSIMカードがおすすめ

このようにSIMフリースマートフォンと海外プリペイドSIMカードを組み合わせることで、ほぼ日本にいるときと同じような環境で通信が可能になります。

しかも、日本で通信している場合と、コスト面ではそれほど変わらない価格にて利用が可能です。

ただ、海外プリペイドSIMカードを利用する場合、購入する場所、APN設定、アクティベーション方法を調べておく必要があります。

渡航者向けの携帯ショップを見つけることができれば、すぐに設定をしてもらえますが、街中のコンビニなどで購入した場合は、自分で設定をする必要があります。

そのため、渡航先に通信事情を事前に調べておいた方が、スムーズに利用ができるでしょう。

時間がない場合は、大手通信会社の海外ローミングを使う方法もあります。

コストとしては高くなりますが、すぐに接続することができるので、安心です。

コストとしては、auの「世界データ定額」が、日本で契約しているパケット量と一日980円の費用で通信できるため、リーズナブルとなります。

是非海外でSIMフリースマートフォンを活用してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!