DMM mobile

全プランが業界最安値水準!多様なプランと安心感が魅力です。docomo回線を使う格安SIMの大手「IIJmio」と同じ回線を使用し、より柔軟で多用なプランを揃えています。

DMM mobileで実施中のキャンペーン

  • 新規のお申し込みで、毎月の利用金額の10%分のDMMポイントを還元
  • DMM光とSIMサービスを同時にご利用で毎月月額から500円OFFに!

DMM mobileのプラン一覧

プラン一覧をもっと見る

DMM mobileのおすすめポイント

ドコモ系大手IIJmioと同じ回線

DMM mobileは、ドコモ系でシェア2位の大手MVNO「IIJmio」から通信回線提供を受けています。同じ回線を利用しているため、繋がりやすさや通信速度の安定性も高く、ユーザーから見ての使用感も非常によく似ています。
IIJmioとの違いは、データプランの豊富さです。通話付きSIMとデータ通信SIMを組み合わせて通信容量をシェアする際は特に容量の選択肢が多く、自分の用途に合わせて最適なプランを選ぶことができます。

大容量のシェアコースがお得

SIMカード3枚で8GB~20GBの高速データ通信をシェアするファミリー向けプランがお得です。通話機能付きで、価格は以下のようになっています。
8GBシェア…4,240円(1人あたり2.7GB、1,413円/月)
20GBシェア…8,190円(1人あたり6.67GB、 2,730円/月)
ライトユーザーからヘビーユーザーまでカバーしてくれるのもうれしいポイントでしょう。
また、シェアプランでは通話SIMとデータSIMの組み合わせも自由です。「家族用スマホ」や「2台持ち」、「タブレット専用」などの柔軟な選択が可能です。

高速通信0GBの「ライトプラン」もバースト機能あり

200kbpsの低速通信のみに対応した「ライトプラン」でも、通信し始めの一定時間に高速データ通信に相当する速度が出る「バースト機能」に対応しています。バースト機能付きの無制限通信で月額440円は破格と言えます。

追加チャージが条件付きで非常に安い

高速データ通信容量を使いきった場合に追加購入が可能な「チャージ」は、100MBあたり200円(3ヶ月繰り越し可能)と、1GBで480円(繰り越しなし)の2種類に分かれます。繰り越しなしの追加チャージは、業界2位の安さです(1位は専用端末とのセット販売のみの「TONE」)。

セット端末で選べる機種が豊富

国内企業ではSHARPと富士通、台湾企業のASUSからは人気のZenFoneシリーズ、韓国企業のLG、中国企業のHUAWEIほか、多種多様な端末がセット販売されています。
また、貴重なのはMVNOで唯一、「Apple iPhone6」がセット販売されていることです。全機種24回の分割払いにも対応し、自由度の高い端末選びが可能です。

DMMポイント還元

毎月の支払い料金のうち、10%が次月にポイントバックされます。DMMの他サービスでの利用が可能なので、DMMのゲームや動画配信を利用している場合は便利でしょう。

DMM mobileの注意したいポイント

通信無制限の「ライトプラン」の通信速度に注意

データ通信無制限で月額440円の「ライトプラン」は、通信速度が200kbpsに抑えられています。メールやメッセージの確認など、データ量の少ない通信であればバースト機能で不便なく利用できるかもしれません。しかし、画像の多いWEBサイトの閲覧や動画鑑賞を快適に行うのは現実的に難しいでしょう。

高速通信OFF時にのみ通信制限がある

高速データ通信の容量が残っていれば、短期間にどれだけデータ通信を行っても速度制限はかかりません。しかし、高速データ通信容量を使いきった場合や高速通信OFF(200kbps)設定のとき、「ライトプラン」契約だと、直近3日間の通信量が366MBを超えた段階で50kbpsまで速度が落ちる場合があります。これは、メールにアクセスするのも苦労する速度です。

キャンペーンは少なめ

通常の月額料金で最安値水準を保持する代わりに、競合他社に比べて期間限定のキャンペーンを行うことが少なめです。そのため「お得に加入するタイミング」というものは特になく、キャンペーンの内容次第では、他社の方が安いこともあります。

DMMポイントの有効期限が一ヶ月

月額料金を支払った翌月に、支払い金額の10%がDMMの各種サービスに使えるポイントとして還元されます。しかし、ポイントの有効期限は還元されたその月のみなので、日常的にDMMのサービスを利用している人でないとお得感は薄いでしょう。

アダルトコンテンツが豊富であること

最近ではソーシャルゲームなどで有名なDMMですが、動画配信はアダルトコンテンツが多めです。子どもの自己管理に任せてスマホを持たせる場合は、ポイントの使用やコンテンツの利用についてある程度両親が把握しておく必要があるでしょう。

DMM mobileの対応機種

ドコモ系MVNOなので、多くのSIMフリー端末、ドコモ端末で通話・高速データ通信ともにそのまま利用可能です。一部のAndroid端末はテザリングができないため公式サイトのチェックをしましょう。
iPhoneはほぼ全機種で通話・通信・テザリングの動作確認がされています。ただし、他社と同様に、データ通信のためには構成プロファイルのダウンロードが必要です。

DMM mobileの特徴、他社との比較

使いやすさは抜群

テザリングやバースト機能も付いているので、ドコモのキャリアを使っていた頃となにも変わらないという印象を持つ方がほとんどのようです。通信速度についても、格安SIMの大手「IIJmio」の回線を使っているため安心感があります。

とにかく安い

一時的なキャンペーンを除いて、業界最安値水準をうたっているのは安心感があります。もっとお得なプランを他社が出してきても、それに追随して価格改定する可能性が高いので、料金面で心配する必要は無さそうです。

DMM mobileの評判、評価のまとめ

ドコモユーザーには最適

激戦区とも言えるドコモ系MVNOの中でも群を抜いてプランが豊富、かつ最安値プランが多数あり、ドコモのキャリア端末でも動作確認がとれているものが多いため、安心して使えます。

ドコモのiPhoneを使いたい方におすすめ

ドコモのキャリアiPhoneでテザリングが利用できるMVNOは、実は貴重です。iPhoneは特にクセがあるため、各社で対応が大きく異なります。動作確認がとれているDMM mobileは有力な候補になります。

iPhone6が欲しい方におすすめ

セット端末のiPhone6がほしい場合におすすめです。定価販売のSIMフリー端末なのでAppleストアで購入するのと事実上は変わりませんが、通話料金に乗せた分割払いができるのは魅力的でしょう。

長く安心して使いたい場合に最適

業界最安値水準をうたっています。一時的なキャンペーン以外では他社の出した最安値に対抗した価格改定を行う可能性が高いため、契約中に「他社の方が安くなってしまった」と心配する必要がありません。コストに敏感な方にとって大きな魅力です。

記事の更新日