エキサイトモバイル

1契約で最大5枚のSIMを利用可能!自分にも家族にもぴったりのプランが見つかる格安SIMです。

エキサイトモバイルで実施中のキャンペーン

  • 特典対象プランのお申込で最大28,100円キャッシュバック!(2017年7月3日AM11:59まで)

エキサイトモバイルのおすすめポイント

安定した通信速度と品質

SIM3枚プランなら月額1,050円からというエキサイトモバイルは、1GBごとの料金プランとなっていますので、無駄なく必要な分だけ契約できるところがメリットです。
使った分だけ支払いするプランと定額プランの2種類を用意しており、即日切り替え可能でその場で利用できるようになります。

NTTの通信回線を利用しているため、安定した速度と品質が特徴です。高速通信で最大300Mbps、送信50Mbps、低速時最大200Kbpsです。高速通信はオンオフの切り替えができますから、データ量の節約が可能です。

速度制限にかかってもバースト機能が備わっており、比較的早い速度でアクセスできるようになっています。格安SIMでバースト機能を設定しているのはエキサイトモバイルの特徴の一つです。

使った分だけ支払うプランがある?

エキサイトモバイルには、使った分だけ支払う「最適料金プラン」という料金プランがあります。高速データ通信の使った量によって、料金が変わる仕組みです。~500MB、~1GB、~2GB、~3GBというように、1GB以降は1GB増えるごとに料金が変わります。

月によって使う量が1GB以上変動する方や、余分な料金を払いたくないという方にオススメのプランです。また、低速データ通信のみ使用する場合は、1枚で500円の設定となっています。

高速データ通信を使いすぎてしまうのでは、と心配な方は、高速データ通信から低速データ通信へ切り替えすることができますので、必要な時のみ高速データ通信にすることも可能です。

コースは、SIMが1枚のコースと3枚のコースで分かれています。3枚のコースは、利用した全てのSIMの合算のデータ通信量で料金が確定する仕組みです。 自分が毎月どれだけデータ通信しているかわからない方は、ホームページにデータ通信の目安量の記載がありますので、参考にすると良いでしょう。

SIMカードが複数枚利用できる

エキサイトモバイルでは、1つの契約で使うSIMの枚数を1枚コースか3枚コースのどちらかから選ぶことができますので、煩雑な契約手続きをたった1度行うだけで、3枚までは同時にSIMを入手する事が可能です。

3枚コースを選んだ場合の料金ですが、使った分だけ支払うプランを選択した場合は、その月に3枚のSIMそれぞれで使ったデータ量の合算に応じて支払うことになり、定額プランを選択した場合は、データ量を3枚に割り振って、それぞれのSIMの上限データ量範囲内で使えることとなります。

また、3枚コースについてはオプションの「追加SIM」を合わせて申し込む事で、さらに2枚を追加でき、最大5枚のSIMを入手できます。
家族などで複数枚のSIMが必要となる場合など、他社であれば1枚ごとに契約を結ばなければならないのに対して、エキサイトモバイルであれば1度の契約で最大5枚のSIMを入手できるのは、非常に便利だと言えます。

バースト転送機能で速度制限時も高速に?

エキサイトモバイルでは、契約プランのデータ量をすべて消費した場合、もしくは意図的に低速モードで使っている場合においてもバースト転送機能を利用することができます。この機能により大きなデータでない限り、ウェブやSNSの閲覧は快適に行えます。しかし、油断は禁物です。

低速モードの場合、3日間で366MBのデータを使用するとさらなる速度制限が発生してしまいます。その際の通信速度は20kbpsとなり、こうなってしまうとウェブやSNSの閲覧が難しくなります。

ちなみに、エキサイトモバイルのSIMを同一契約で複数(例えば3枚)運用している場合、3枚の合計が3日間で366MBに達すると同じく制限がかかりますので、そこも十分に注意してください。

もし20kbpsの通信速度になってしまったら、別途追加データを購入することで通信速度の制限が解除されます。あるいは別契約でエキサイトモバイルのSIMを用意しておくのも、一つの運用手段です。
様々な方法で上手に通信量の管理をしていきましょう。

高速通信使いすぎによる3日間の速度制限がない

エキサイトモバイルの格安SIMは、選んだ料金プランのデータ量内において、高速通信時の速度制限は「基本的に」設けていません。
通常使用において契約したデータを月内に消費し、200kbpsの低速通信モードに移行した状態で、かつ3日間で366MBのデータ量を使用すると速度制限がかかる仕組みとなっております。

そうなってしまうと通信速度が20kbpsにまで下がり、SNSをスムーズに行うことも難しくなってしまいます。2000年初頭のガラケー並みの通信速度です。 それを解消するためには、追加でデータを購入することにより通信制限20kbpsの状態を回避することができます。

ちなみに、上記で「基本的に」とありますが、これは高速通信時に極端にデータ量の多い動画を視聴した場合や、大量の画像、膨大な数のメールなどをやり取りした場合、つまり迷惑行為の恐れがあるとみなされた場合において、高速通信時においても速度制限がかかることがあります。

エキサイトモバイルの注意したいポイント

選べるプランが少ない

エキサイトモバイルにはプランが2つしかありません。1つは最適料金プラン。料金は毎月使った分だけになります。低価格は500円。使用頻度が低ければその月は安くおさえることができます。もう1つは定額プラン。データ通信の上限を選び、その上限で設定された料金を支払います。毎月料金はかわりません。

選べるプランが2つしかないようですが、その分とてもわかりやすい選択肢になっています。自分のスマホへの使用頻度を理解していれば、どっちにするのが自分にとってお得なのか一目瞭然です。使う頻度が月々によって変わるのであれば最適料金プラン、毎月だいたい同じ使用量なのであれば定額プランを選ぶという、どちらか一方の選択でしょう。

また定額プランには、どこまでを上限にするのか選択肢があり、またその幅も1GBから50GBまでと幅広いので、結果的には選べるプランの数は多いと言えるでしょう。

料金支払いはクレジット払いのみ、口座引き落とし非対応

購入を検討されている方の中には、月々の支払方法を気にされている方もいるのではないでしょうか。

大手キャリアだと、支払方法を選ぶことができます。エキサイトモバイルでの支払方法はクレジットカードのみ対応しています。口座引き落としはおこなっていません。

利用できるクレジットカードは、名義が契約者本人のものです。名義が本人であっても、海外発行のクレジットカードは使用できません。そのほかにも、デビットカードやプリペイド式クレジットカードなども利用できません。利用可能なクレジットカードのブランドと、そうでないものがあるので確認が必要です。

また、クレジットカードの限度額を超えてしまった場合でも、コンビニや銀行振り込みの対応はしていません。クレジットカードでの支払のみになりますので、利用可能なクレジットカードに更新する必要があります。契約した後、登録しているクレジットカードを変更したい場合は、専用のWebページから変えることが可能です。

大容量プランは他社に比べると割高?

エキサイトモバイルは2種類の料金プランがあります。 一つは一般的な同業他社でも展開されている定額プランと呼ばれるタイプで、使える高速データ通信量をあらかじめ決めておき定額で利用できるというものです。

エキサイトモバイルの定額プランは他社と比べても割高ですし、大容量プランにおいても割高傾向は変わりません。 しかし、エキサイトモバイルにはもう一つの最適料金プランというものがあります。

この最適料金プランというのは、高速データ通信の使用量に応じて毎月の料金が決まるという料金プランです。 使った分だけの支払いになるので無駄がないですし、2017年2月現在の料金では3GBで880円になるのですが、定額プランだと3GBで900円となっています。

同じ使用量の場合、最適料金プランの方が安価ですし、月間10GBまでの大容量に対応しているので常識の範囲内の利用であれば問題ないでしょう。 最適料金プランであれば1GBごとに料金が分けられているので、大容量プランのように無駄も出ません。

最適料金プランには速度制限がないため、いつの間にか高額に?

その月に使用した高速データ通信量によって利用料金が変わるエキサイトモバイルの最適料金プラン。まったくインターネットを使用しない月があったり、最適な料金で携帯を利用したい人にとっては非常に適しているプランですが注意が必要です。

最適料金プランでは最も安い料金が500MBまで使用した場合で630円と非常に安いですが、10GBまで使用すると2,380円となってしまいます。エキサイトモバイルには速度制限がないため羽目を外してついついスマートフォンで動画を見たり、音楽を聴いたりすると月の利用料金の請求が高額になってしまうこともあります。その場合は料金プランの変更を検討しましょう。

定額プランにすれば料金を気にすることなくインターネットが利用できます。また、その月に使わなかった分の通信量は翌月に繰り越すことができるのでお得です。ただし定額プランの場合、通信量の上限を超えると速度制限がかかってしまうため注意してください。

プランによっては最低利用期間がある

エキサイトモバイルの利用プランによっては最低利用期間があり、途中で解約すると解約手数料が発生する場合があります。

データ通信専用SIM/SMS機能付きSIMの場合最低利用期間はありません。ですので、通話用とインターネット用でスマートフォンを分けて利用していてインターネット用の携帯をエキサイトモバイルにする場合はいつでも解約することはできます。

一方で音声通話機能付きSIMの場合は最低利用期間が存在します。具体的には利用開始予定日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末日までの期間です。具体例を挙げると、2016年の12月15日から利用を開始した場合、2017年12月31日まで利用する必要があります。

この期間内に解約やMNP転出、データ通信専用SIMなどへの変更をすると、解約手数料として9,500円(税抜き)が発生します。ですので一台持ちの方で今の携帯会社からエキサイトモバイルに変更しようと考えている方は最低利用期間を注意してください。

エキサイトモバイルの対応機種

エキサイトモバイルでセット契約できる端末ラインナップ

エキサイトモバイルでセット契約できる端末の中で「HUAWEI Mate 9」は、ムーンライトシルバーとシャンパンゴールドのゴージャスな2色が用意されています。特徴は5.9インチの大画面。動画や写真を大迫力で楽しむことが出来ます。4,000mahの大容量バッテリーで外出が多い方にも安心です。

「ZenFone 3 Laser」は、撮りたい一瞬を逃さないこだわりのカメラ機能が魅力。背面に搭載された指紋センサーは、軽く触れるだけでロックが解除出来るストレスフリーな仕様です。

「HUAWEI P9 lite」は3,000mahの大容量バッテリーと省エネ設計が特徴の端末。使用時間が長い方にも最適でしょう。指紋認証付きなので、セキュリティが気になる方も安心です。

「ZenFone 3」はサウンドにこだわりを持つ方に最適の端末といえるでしょう。SonicMasterと5マグネットスピーカーを搭載しているので、ダイナミックな音を楽しむことが出来ます。

「arrows M03」はワンセグやおサイフケータイ機能が付いた便利な端末です。ロッドアンテナが内臓されているので、外付けパーツを持ち歩く必要がありません。外出先でもテレビ番組を楽しみたい方にうってつけです。

エキサイトモバイルでiPhoneは使えるの?

さまざまな便利な機能があり、たくさんのバリエーションのケースもありファッション性も高いiPhone。エキサイトモバイルでも使いたいと思っている人も多いです。

結論から言うとエキサイトモバイルでも一部のiPhoneは使えます。SIMフリーもしくはNTTドコモで購入したiPhoneならばエキサイトモバイルのSIMカードが使用可能です。ただし機種によっては機能が制限される場合があります。

iPhone5s以前のiPhoneはアンテナピクト機能が正しく表示されない場合があるので注意が必要です。また、最初に使用する際にはAPNの設定のためファイルをインストールする必要があります。詳しい設定方法についてはエキサイトモバイルのホームページに記載していますので、確認しながら行えばスムーズにできるでしょう。

エキサイトモバイルの端末補償サービス

エキサイトモバイルの端末保証サービスは、月額500円(税抜)で水濡れ・画面割れなどのスマホトラブルを素早く対応・保障してくれるサービスです。メーカー保障期間を過ぎてしまった端末の故障やトラブルにも対応してくれます。

水濡れや画面割れ、全損や一部破損の端末はメーカーで修理に出すと高額な費用がかることが多いです。メーカーよりも安いと言われている修理専門業者でも、破損の具合によっては高額になる場合も多くあります。

しかしエキサイトモバイルでは、メーカー保障対象外の故障の修理・交換を4,000円~5,000円で対応してくれます。トラブルが起こったら電話一本で処理してくれるので、スマホが使えない不便な時間を出来る限り短くしてくれます。端末とSIMのセットに申し込む際に一緒に端末保証サービスに加入するだけなので手続きも簡単です。

スマホのトラブルはいつ起こるか予測できるものではありません。端末保証サービスに入っておくことで、スマホを安心して使う事が出来ます。

エキサイトモバイルの特徴、他社との比較

IIJmio回線を使っているため、安定・高品質

格安SIMは、SIMを販売している会社が必ずしも回線を運用しているとは限りません。エキサイトモバイルの場合は、IIJmioの回線を利用しています。IIJmioとは、老舗のプロバイダとして定評があるインターネットイニシアティブ(IIJ)が展開しているSIMサービスで、非常に人気が高く、また評判もいいです。

そのため、IIJmioと同じシステム、設備で回線を提供しているエキサイトモバイルも、IIJmio同様の信頼性があるというわけです。一方、料金プランはエキサイトモバイルならではのユニークなものが存在します。

その代表的なものが、物理的にSIMを三枚発行して、家族で高速データ通信の容量を分け合えるプランで、もっとも安いものだと月額1,050円(税抜き)で利用できます。

高速通信と低速通信の切り替えができる

エキサイトモバイルでは高速通信と低速通信の切り替えができます。
動画のストリーミング再生など高速通信が必要な場合には下り最大300Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信にしておくことで、ストレスを感じることなく動画が楽しめます。

逆に、通話やメール、SNSアプリなど高速通信を必要としない場合には、低速通信に切り替えることでデータ通信量を抑えることができるのです。 こまめに高速通信と低速通信を切り替えることで、速度制限を気にすることなく、快適にデータ通信を利用できます。

高速通信と低速通信の切替は、エキサイトモバイルのマイページから行います。 また、マイページでは現在の通信量や過去の通信量を確認することも可能です。

余った通信容量は翌月に繰り越せる

エキサイトモバイルでは、余った通信容量を翌月に繰り越せる「定額プラン」があります。
「定額プラン」は、月に使える高速データ通信量をあらかじめ決めておき、毎月定額で使うことのできるプランです。

設定していた高速データ通信量まで使わなかった場合は翌月に繰り越しでき、限度を超えた場合は低速データ通信に切り替わります。使いすぎが気になる方には安心して使うことのできるプランです。使わなかった場合、繰り越しができるので、あまり使わなかった時でも無駄になりません。

1枚コースと3枚コースの設定がありますが、3枚コースの場合は、それぞれのSIMに高速データ通信量が振られるわけではなく、高速データ通信容量を3枚で分け合うかたちとなります。1GB~50GBまでの料金設定があります。

料金プランは手数料なしで途中で変更することができますので(月に一度のみ)、定額プランで申し込んでみて、月にどれだけ自分が使っているのかを把握し、プランを再検討するかたちでも良いでしょう。

エキサイトモバイルの評判、評価のまとめ

月ごとの通信量にばらつきがある方におすすめ

月によってスマートフォンのデータ通信を使う頻度にばらつきがある方におすすめの料金プランがあります。
エキサイトモバイルの最適料金プランなら、高速データ通信の量に応じて毎月の利用料が変わります。毎月最適な価格でスマートフォンをご利用できますので余分な支出を抑えて利用することが可能です。

なるべく通信料を抑えたい方や月々のデータ使用量が1GB以上変動する方、インターネットを全く利用しない月がある方はこのプランで契約した方がお得です。

また、毎月の料金が低額で使用可能な高速通信量が決まっている定額プランからもいつでも変更可能です。最初とりあえず定額プランで始めたけど、インターネットをほとんど使わない月があって勿体ない場合や、逆に使いすぎてしまって通信制限がかかってしまい不便な月がある方も、いつでも最適な料金プランで利用できます。

お財布にも優しいですし通信制限のストレスなくインターネットを使用することができます。

複数枚のSIMを利用したい方におすすめ

エキサイトモバイルではSIMが1枚のコースと3枚のコースがあり、3枚のコースであれば最大2枚追加して5枚の利用が可能です。
スマートフォンやタブレットなどを複数持ち歩いている方や家族の契約を一つにまとめてお得に運用したい方にオススメです。

高速データ通信の使用量に応じて毎月の料金が決まる最適料金プランであれば、100MBまでで1,050円(税抜)~15GBまでで3,980円(税抜)のプランがあり、定額プランであれば、1GBで1,260 円(税抜)~50GBで14,180 円(税抜)のプランがあるので多種多様なニーズに対応できます。

また、事務手数料がSIM一枚ごとではなく、契約の申し込みに対して1回分の事務手数料を支払い形になっているので、手軽にSIMの枚数を増やすことが出来ます。

家族まとめて格安SIMに乗り換えるとさらにお得になる?

エキサイトモバイルを家族でまとめて使うとかなりお得です。
エキサイトモバイルの最適料金プランでは契約時に3枚分のSIMカードを使えるプランがあります。この3枚のSIMカードを家族でシェアすることが可能です。3枚コースの場合、高速データ通信料が100MBから15GBまで対応しているので柔軟に対応することができます。

また、1枚コースの料金では5GBまでの使用で月額1,450円(税抜)、一方で3枚コースの場合は15GBまでの使用で3,980円(税抜)です。つまり3枚コースのほうが毎月300円ほどお得です。家族で格安SIMの利用を検討している場合には非常におすすめです。

ただし注意点として家族の誰かがインターネットを使いすぎると月額の利用料金が予想に反して高額になってしまうことがあります。大人が気を付けていても子供が大容量のデータ通信をして料金が上がってしまう可能性もあるので子供のスマホは低速モードにしておくなどして対策しましょう。

エキサイトモバイルを契約するには

エキサイトモバイルへのMNP転入方法

他の携帯会社から乗り換えてもスマホが使えない日が発生せずに格安SIMが利用できるエキサイトモバイル。

MNP転入を行うにはまず現在契約中の携帯会社でMNPの予約を行い、MNP予約番号を取得する必要があります。 利用している携帯会社によってはSIMロックの解除もあわせて行う必要があります。 使用中の端末がエキサイトモバイルに対応しているかどうかも事前に確認しておくようにしましょう。

MNP予約番号を取得したら手続き開始です。この時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるので、手続きは早めに行うと良いでしょう。

エキサイトモバイルでは申し込みから本人確認書類のアップロードまで全てネット上で行うことができます。 手続きが完了しSIMが届いた後、MNP予約番号の有効期限前日までに自宅でスマホ切替えを行うことで乗り換えは完了です。

エキサイトモバイルなら今使っている番号はそのままに、難しい手続きもなく格安SIMが使えるようになります。

エキサイトモバイルの申込手順・APN設定方法

エキサイトモバイルの申込みは、Webサイトから行うことができます。
サイトから申込画面に進むと、プランの選択として、料金、端末購入の有無、SIMのサイズ、SIMタイプ(データ通信、SMS機能、音声通話機能)を選択します。

オプションとして、ウイルス対策や留守電などがいくつか用意されているので必要なものを選択し、希望する利用開始日を指定します。

端末セットや音声機能を利用する場合は、申込フォームから、本人確認できる書類画像をデータでアップロードする必要があります。一週間ほどで本人確認が完了したらエキサイトモバイルから完了通知が届き、その後、自宅にSIMが届きます。

SIMが届いたら、利用する端末に差し込んでAPN設定を行います。Androidと、iPhoneやiPadなどのiOSとで設定が異なります。
Androidの場合は、端末の設定画面から、APNや認証タイプの設定を行います。iOSの場合は、エキサイトモバイルのWebサイトからプロファイルをダウンロードして設定を行います。

エキサイトモバイルのプラン一覧

プラン一覧をもっと見る

記事の更新日