OCN モバイル ONE

安心のOCNブランド!安定の品質を求める方におすすめ。格安SIM業界でトップシェアを誇ります。安心感のあるサービスが魅力です。

OCN モバイル ONEで実施中のキャンペーン

  • OCNでんわ かけ放題ダブルオプション申込みで2017年11月分までの月額料金が1,000円引きになるキャンペーンを実施中!(2017年11月30日まで)
  • 秋のモバイル紹介キャンペーンでAmazonギフト1,700円がもらえるキャンペーン実施中!(2017年11月30日まで)

「OCN モバイル ONE」はNTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。「OCN」という名称を聞いたことがある方は多いと思います。インターネットプロバイダ業界では超大手企業であり、老舗のプロバイダーです。
OCN モバイル ONEは、ネームバリューのある大手プロバイダーが運営しているという安定地盤もあり、格安SIMの中でも人気のあるブランド。他社に負けないような特徴ある料金プランも充実しています。
ここでは、OCN モバイル ONEのおすすめポイントや注意点など徹底解説します。

OCN モバイル ONEの主な特長

では、早速OCN モバイル ONEの主な特長について解説します。

NTTグループが運営しているという安心感

はじめて格安SIMを利用しようという人にとっては、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア以外の通信業者はあまり知らないかもしれません。

聞いたことのない通信業者と契約することには、不安を覚えてしまうこともあるかと思います。

OCN モバイル ONEは、運営する母体がNTTコミュニケーションズです。電話事業の大元ともいうべきNTTの子会社が運営している格安SIMであります。

よって、NTTグループが運営しているという大きな経営地盤や設備や技術の高さなど、通信契約して利用するユーザーにとっても大きな安心感につながります。

実際に、NTTコミュニケーションズが運営しているインターネットプロバイダである「OCN」ブランドも広く認知され、人気のプロバイダである上、同じ会社が運営する格安SIM「OCN モバイル ONE」も人気の格安SIMの1つとなっています。

とにかくネームバリューのある安心感抜群な格安SIMを選びたいという人には、まさにオススメです。

月単位プランだけでなく「日単位」プランがある

通常、格安SIMのデータ容量プランは「毎月○○GB」というように月間でのデータ容量があらかじめ設定されている月単位のプランがほとんどを占めています。

もちろんOCN モバイル ONEにも月単位のプランは多く存在しますが、OCN モバイル ONEの特徴的なプランの1つに「日単位」のプランが上げられます。

月単位の「毎月○○GB」までというものではなく、「1日○○MBまで」という制限内容になっています。

OCN モバイル ONEで提供されている日単位プランには、110MB/日コースと170MB/日コースがあります。

1日110MBといっても具体的なイメージがつきにくいですが、OCN モバイル ONEの公式ページでは110MBでできることが紹介されています。

例をあげると、WEBページ20ページ、Facebook150フィード閲覧、メッセージアプリ100往復、メール50通、動画視聴35分とこれだけのことをしても、合計は93.45MBと紹介されています。

つまり、データ容量を多く使用する動画視聴といった高負荷通信を1日中行わない限り、通常の平均的な利用方法であれば、日単位でも十分に使いこなすことが可能です。

スマホのデータ通信使用量平均が3.5GBという調査結果から生まれたまさに合理的なプランといえるでしょう。

かけ放題オプションで通話利用が多いユーザーもお得に

データ通信だけでなく、090/080/070の携帯電話番号を使った音声通話も多く利用するという人は多いと思います。

OCN モバイル ONEでは、通話利用が多いユーザー向けに10分間のかけ放題オプションが提供されています。

しかも月額料金は840円で10分以内なら何回でも無制限で通話し放題。格安SIM他社でも、かけ放題オプションは提供されていますが、大概のMVNOでは同じ月額料金で5分までとなっています。

よって、OCN モバイル ONEの10分かけ放題では、2倍の時間を同じ価格帯のオプションで利用できることになり、他社と比較しても断然大変お得です。

通話利用が多いユーザーでも安心して利用できます。

OCN モバイル ONEの料金プラン

ここからは、OCN モバイル ONEの料金プランについて解説します。

OCN モバイル ONEの料金プラン

容量 SIMタイプ
データ通信専用SIM SMS機能付き
データ通信 SIM
音声対応 SIM
日単位 110MB/日 900円 1,020円 1,600円
170MB/日 1,380円 1,500円 2,080円
月単位 3GB 1,100円 1,220円 1,800円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
10GB 2,300円 2,420円 3,000円
20GB 4,150円 4,270円 4,850円
30GB 6,050円 6,170円 6,750円
500kbps
(15GBまで)
1,800円 1,920円 2,500円

OCN モバイル ONEで扱われているデータ容量プランは大きくわけて2種類あり、「日単位」のデータ容量と「月単位」のデータ容量設定となっています。

日単位でのデータ容量は、110MB/日、170MB/日という2段階での設定です。

110MBでできることとしては以下のような利用が紹介されています。

  • Web 約100ページ
  • LINE 約100往復
  • 動画 約30分
  • メール 約20通
  • Facebook 約100フィード閲覧

これらの合計全てを110MB/日でまかなえるので、通常のデータ通信利用方法であれば、十分なプラン内容となっています。これよりももっと利用するという場合には、170MB/日というプラン設定もあります。

日単位でのプラン設定はOCN モバイル ONEの特徴的なプランです。料金プラン選択に迷った場合はこちらがオススメです。あとでプランを月単位プランに変えたいという場合でも1ヶ月ごとに変更できるので安心です。

一方、MVNO他社と同じような月単位でのプランはライトな3GBからヘビーユーザー向けの30GBまで設定があります。30GBまでの大容量プランは他社ではあまり設定がないので、毎日がっつりとデータ通信を利用するユーザーには嬉しいプランです。

また、通信速度が500kbpsへと制限されますが、データ容量を無制限で使用することができるプランも提供されています。

利用方法によりさまざまなプランが提供されているので、幅広いニーズに対応したプラン展開であるといえるでしょう。

OCN モバイル ONE料金プランの詳細事項

また、OCN モバイル ONEでの料金プランの詳細や諸事項について以下まとめました。

通話料金 30秒/20円 回線種類 ドコモ回線
SMS料金 SMS受信料:無料
国内送信:3円/通
海外へ送信:50円/通
セット端末 取り扱いあり
データ通信量の
翌月繰越
あり データ容量の
追加
【日単位プラン】
500円で1日使い放題
【月単位プラン】
0.5GB→500円
初期契約手数料 3,000円 SIMカード
発行手数料
394円
最低利用期間
解約手数料
音声通話SIMプランのみ6ヶ月以内の解約
又はMNP転出時の解約手数料は8,000円。
MNP転出手数料 3,000円
SIMカード
サイズ変更
3,000円 端末保証 オプションあり
セキュリティ対策 オプションあり テザリング
通信速度制限 日単位、月単位プランともにあらかじめ設定したデータ通信超過で200kbpsに速度制限
キャンペーン
  • 音声対応SIMの新規申し込みでJCBギフトカード2,000円分をプレゼント!(2017年6月30日まで)
  • すでに音声またはデータSIMご利用中の方に限り、期間中SIMカード追加(容量シェア)で追加手数料が無料!(2017年6月30日まで)
  • など

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

OCN モバイル ONEの料金について解説したところで、ここからはOCN モバイル ONEのおすすめポイントについて紹介します。

日単位の料金プラン設定がある

冒頭や料金プランの項目でも解説していますが、OCN モバイル ONEには、他社と同じような月単位プランのほかに、データ容量が日単位で設定されているプランがあります。OCN モバイル ONEの特徴的なプランです。

日単位で110MB、170MBまで使用できる2プランがあります。

110MBというと想像がつきにくいデータ容量かもしれませんが、110MBを30日間使った場合、3,300MB(3.3GB)となります。つまり、月3GBのプランとほぼ同じ状況+αで使えるという状況です。

音声対応SIMでの「日単位プラン110MBプラン」と「月単位プラン3GB」と比較すると、

  • 月単位の3GBプラン 1,800円
  • 日単位の110MBプラン(月換算3.3GB) 1,600円
となります。

日単位プランの方が、月単位プランに比べて少し多く使用することができ、さらに料金も安いことがわかります。

毎日のデータ使用量が平均的で安定している人であれば、日単位プランの方がお得に利用できてオススメです。

大容量プランも充実、30GBまで利用可能

OCN モバイル ONEのデータ容量では大容量の10GB、20GB、30GBという料金プラン設定があります。

特に10GBより大きいプランについては他社でも取扱いされていないことが多いです。

20GBや30GBプランが提供されているOCN モバイル ONEのプランは、貴重な存在とえいます。

配信音楽やストリーミングの動画をメインで利用する人や、アプリをインストールすることが多いといった、データ容量を多く使用するヘビーユーザーにオススメです。

NTTグループが運営しているという安心感

OCN モバイル ONEはNTTの子会社であるNTTコミュニケーションズが運営しています。そして同社は、古くからインターネットプロバイダーとしてOCNブランドを展開しています。

最大手通信企業の老舗プロバイダブランドなだけあって、サービス品質の安定感は抜群です。「格安スマホ」や「格安SIM」と聞いて不安に思う人でも、安心して契約できるブランドネームと言えるでしょう。

データ通信だけでなく、通話利用も多いというユーザーには10分かけ放題オプションがオススメです。

月額利用料金は850円となっていて、これは他社でも展開されている5分かけ放題オプションと同等の金額設定です。

つまり、他社と同じ程度のかけ放題オプション利用料金で、OCN モバイル ONEではその倍となる10分間利用することができます。

通常の音声回線の通話料金が30秒20円なので、1分通話すると40円、10分通話では400円となります。

先ほどのかけ放題の利用料金が850円であることから、月間で通話合計時間が21分以上となるようであれば、かけ放題オプションの方が料金的にお得になります。

月額850円という料金は、約10分通話2回分なので、いかに10分かけ放題が料金的にお得かということがわかっていただけると思います。

大容量プランをシェア利用できる

1つの契約で10GB・20GB・30GBの大容量プランを契約している場合、最大5枚のSIM間でこのデータ容量をシェアすることができます。

個人でサブ端末のタブレットなど複数端末を所持している人や、家族での契約を考えている人などにオススメです。

SIMカードは1枚発行ごとに、データSIMカードなら1,800円、音声対応SIMなら3,000円の初期費用がかかります。キャンペーンを利用すれば、2枚目以降のSIMカード発行手数料は0円となります。

その他、2枚目以降のSIMについては、データ専用SIMで400円、SMS付きデータSIMで520円、音声通話SIMで1,100円月額使用料が1枚につきかかります。

SIMを追加すると月額使用料は発生しますが、各々の端末を単発で契約するより断然お得に活用することができます。

家族等で複数端末を利用予定の方は、ぜひ検討してみてください。

音声対応SIMの契約の縛り期間設定が短い

格安SIM各社にいえることですが、データ通信専用SIMの場合は契約後にいつ解約しても基本的に解約手数料がとられることはありません。

しかし、音声通話SIMの場合は12ヶ月または24ヶ月の最低利用期間が設けられていることが多く、最低利用期間内に契約解除した場合、高額な解約手数料がかかります。

OCN モバイル ONEでもこの最低利用期間が設けられていますが、期間設定が他社と比較して短く、6ヶ月です。さらに解約手数料も多くは9,000円以上するものが多いですが、8,000円となっていて、若干安い金額設定です。

他社よりも解約・転出に寛容な姿勢であるといえるでしょう。

利用初月は通信料金が無料

OCN モバイル ONEで通信契約をすると、利用開始の初月については通信料金が無料になります。

例えば、音声対応SIMの30GBプランを契約した場合、月額6,750円の利用料金が0円になります。

家族4人でシェアプラン契約した場合、1枚目の契約料金以外に、2枚目以降のSIM料金もかかることになります。全員が音声通話SIMだとすれば、1,100円ずつ3人分で3,300円の料金がかかります。

つまり、1枚目のSIMと合計で1万円近い金額となります。これだけの金額であっても利用初月無料対応により、0円となるので、初期負担を大きく抑えられます。

MNP転出元(現在使っているキャリア)が解約月の日割り計算に対応していれば、月初めの申し込みでお得に契約することができるでしょう。

「OCN光モバイル割」で毎月200円割り引き

自宅でOCN光接続プランを利用している人は、OCN モバイル ONEの1契約ごとに200円の割り引きが適用されます。

例えば、家族5回線で利用しているなら、合計で1,000円割り引きとなり、かなりお得です。

インターネットプロバイダならではのセット割り引きプランであり、OCN光を利用しているなら、OCN モバイル ONEとのセット利用がオススメです。

全国82,000ヶ所のWi-Fiスポットが無料で使える

OCNの日単位・月単位コースを契約しているユーザーであれば、全国82,000ヶ所あるWi-Fiスポットを無料で使うことができます。

この公衆Wi-Fiサービスを使うことによりデータ容量を気にせずに気軽に使用できることに加え、データ容量の節約にもつながります。 Wi-Fiスポットは、駅・カフェ・空港・ホテル・デパート・商業施設・コンビニ・オフィスビルなど様々な場所に設置されています。

具体的な店舗として、スターバックスコーヒー・タリーズコーヒー・ロッテリア・セブンイレブン・ローソンなどがあげられます。

OCN モバイル ONEユーザーなら誰でも使えるWi-Fiサービスなので、ぜひ活用しましょう。

余ったデータ通信量は翌月繰り越しできる

毎月のデータ通信量は、翌月にそのまま繰り越され翌月末まで使用できます。

さらに翌月は、繰り越されたデータ通信量から優先的に消費されるので、データ通信量を余すこと無く無駄なく使用することが可能です。

データ通信SIMでは解約手数料がかからない

OCN モバイル ONEのデータSIMでは、2年縛りの契約や最低利用期間が設定されていないため、解約手数料がかかりません。

いつでも気軽に利用を開始することが可能な上、万が一サービスを解約したとしても解約手数料がかからないないので、余計な費用が発生しないので安心です。

ドコモ版のSIMロック端末でもそのまま使える

大手キャリアで使っている端末は、キャリアごとにSIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかけられています。

通常、SIMロックがかかった端末を他社通信回線で利用したい場合には、端末のSIMロックを解除する必要がでてきます。

OCN モバイル ONEの場合は、ドコモ回線を利用したMVNOなので、ドコモ版のSIMロックがかかった端末であっても、そのままSIMを差し替えるだけで使用可能です。

ドコモ版のSIMロックがかかった状態でも使えるかどうかを判定するには、OCN モバイル ONEモバイルONE公式ページの「動作確認済みデータ端末一覧」というページで確認してください。

OCN モバイル ONEの注意点

OCN モバイル ONEを契約する上で注意しておきたい点もあるので、解説します。

音声通話対応SIMの6ヶ月以内解約は手数料がかかる

OCN モバイル ONEのデータ通信SIMの場合は、いつ解約しても解約手数料はかかりません。

しかし、音声対応SIMを利用する場合はそうとはいきません。

音声対応SIMの場合、契約後6ヶ月以内に解約または他社にMNP転出した場合、解約手数料として8,000円が発生します。 相場よりは1,000円くらい低いものの、高額な料金設定となっているので、音声対応SIMを契約したい場合はよく検討してから契約するようにしましょう。

料金プランの価格設定は少し高め

安心あるOCNのブランドですが、料金プランの価格設定は、最安級とよばれる格安SIMと比較すると少し高めです。

例えば、3GBプラン(データ専用SIM)でみてみると、格安SIM他社の場合、900円〜1,000円が大体の相場です。

OCN モバイル ONEの場合は、1,100円となっていて相場より少し高い金額設定です。

金額が高い分、その他のサービスが充実していますが、とことん安さを重視する人には不向きかもしれません。

日単位コースの通信プランは使い方に注意が必要

OCN モバイル ONEの特徴的なプランともいうべき、日単位コース。

110MB/日、170MB/日と選択でき、30日間使った場合の月単位プランと比べて若干割り安で多くデータ容量を使用できます。

しかし、データ通信の使い方が日頃平均的でないユーザーにはあまりオススメできません。

例えば、アプリのダウンロードをWi-Fi環境下ではなく、外出先などLTE通信環境下で極端にダウンロードしてしまうような場合、あっというまに1日の制限容量を超えてしまいます。

日単位プランは、毎日平均的なデータ通信使用かつ大きなファイル容量はWi-Fi環境下で利用するユーザーにオススメします。

OCN モバイル ONEの通信速度や使い心地は?

格安SIMは大手キャリアに比べ通信料金が大きく安くなり、固定費を節約することができます。

しかし、格安SIMによっては通信速度が高速通信とは呼べないほど遅く、通信利用時にストレスを感じてしまうMVNOがあるのも事実です。

スマホは便利なツールですが、格安SIMで料金節約とは言えども、最低限の通信速度が出ないと正直使い物になりません。

では、OCN モバイル ONEはどうなんでしょうか。 以下、これまでSIMコンシェルで測定したOCN モバイル ONEの通信速度まとめです。

12時台 15時台
下り(Mbps) 上り(Mbps) 下り(Mbps) 上り(Mbps)
2016年11月 1.96 5.74 1.56 10.78
2016年12月 0.81 7.11 1.17 5.82
2017年1月 1.64 6.75 1.92 9.63
2017年2月 1.73 12.64 1.52 8.67
2017年3月 1.27 11.19 1.40 8.55
2017年4月 0.99 16.81 0.55 8.55

通信速度の測定は、一番通信が混雑しやすいお昼の12時台および比較的通信が混雑しやすいとされる15時台に行っています。

全体的な測定結果としては、ユーザーがよく利用する下り(ダウンロード)回線では、1Mbps程度のかなり厳しい通信速度となっています。

OCN モバイル ONEは人気の格安SIMなので、ユーザーが集中していることにより、通信が混雑していると考えられます。

特に格安SIMの宿命ともいうべき12時台の測定については、常に1Mbps前後の通信速度となっています。15時台になるとやや記録は伸びますが、1Mbps台の記録は多いです。

全く利用できないというわけではないですが、ストリーミングの動画を視聴するような場合には、多少の待機時間が発生することも考えられます。

通信環境にもよるのでこの通信速度の結果は一概に評価はできませんが、下り回線においては通信混雑している状況が見られることは確かです。

一方の上り回線においては、安定して7〜8Mbpsほど出ているので、SNSヘの写真や動画のアップロードなど快適利用できるような測定結果となっています。

動画サービスなどを除いたWEB閲覧やSNSの利用などは、この通信速度でもまず問題なく利用できます。OCN モバイル ONEを利用する場合は、特定の時間帯を避けることにより、安定した通信が利用できそうです。

OCN モバイル ONEの対応端末や契約する方法は?

OCN モバイル ONEを利用する際の対応端末や契約する方法について簡単に解説します。

利用する端末についてですが、大きく分けて2パターンに分けられます。

  • 新しく端末を購入する場合
  • 既に持っている端末にSIMカードを挿して使用する場合

新しくOCN モバイル ONE端末をセット購入する場合

OCN モバイル ONEでは、SIMカードの契約だけでなく、端末の同時購入も可能です。リーズナブルなものから、高機能タイプのスマホまでラインナップにあるので、好みの端末を選択できます。

既に持っている端末にSIMカードを挿して使用する場合

既に持っている端末がOCN モバイル ONEの対応端末である場合、SIMカードのみを契約し挿入すれば通信サービスを利用することが可能です。

OCN モバイル ONEの対応端末については、公式ページの「動作確認済みデータ端末一覧」でよく確認してください。

また、OCN モバイル ONEではiPhoneを使うことができます。対象となるのは、SIMフリーのiPhoneまたはdocomoで契約されたiPhoneとなります。

au・SoftBankで契約されたiPhoneをそのまま利用したい場合でも、SIMロック解除を行えば問題ありません。

OCN モバイル ONEの申込み手順

OCN モバイル ONEの申し込み手順から端末での設定方法までは、以下の記事で徹底解説しています。

申し込みが不安な方は是非参考にしてみてください。

[関連記事]OCN モバイル ONEの申し込み手順とAPN設定方法を徹底解説!【iOS・Android】

こんな人にはOCN モバイル ONEがオススメ!

OCN モバイル ONEの色々なメリットや注意点などについて解説してきました。

これまでの内容をまとめつつ、OCN モバイル ONEは「特にこんな人にオススメ」というポイントを紹介します!

日単位のプランでお得に使いたい人

特徴的な料金プランともいうべき日単位のプランは、毎日平均的に利用するユーザーにとってはお得に使いこなせる料金プランです。

OCN モバイル ONEの日単位プランを月合計換算して月単位プランと比べると、少し安く、データ容量も多く利用できます。

万が一、利用が極端に大きくなる日があれば、追加データチャージで500円支払うと、その日限りで無制限に利用し放題になります。

契約先に安心感を得たい人

OCN モバイル ONEを運営するのは、NTTコミュニケーションズ。NTTグループであるという強みをもっています。

格安SIMを利用するとなると、見ず知らずの業者では不安を覚える方もいるはず。

誰でも聞いたことのあるようなネームバリューを持ったOCN モバイル ONEなら、安心して契約することができるので、格安スマホ初心者であっても心配ないです。

ドコモ版端末をそのまま利用したい人

OCN モバイル ONEはドコモ回線を利用しています。そのため、通常SIMロックがかかった端末は他の通信回線では利用できませんが、ドコモ版端末であればSIMロック解除することなく、ほとんどの端末が利用可能です。

今使っているドコモ版端末も、SIMを差し替えるだけでそのまま利用できるので、端末を購入する必要がなく、初期費用を抑えることにつながります。

OCN モバイル ONEのプラン一覧

110MB/日コース

月額料金 データ量 下り速度最大 SIMの種類
972円 110MB/日 262.5Mbps データSIM・SMSなし

3GB/月コース

月額料金 データ量 下り速度最大 SIMの種類
1,188円 3GB/月 262.5Mbps データSIM・SMSなし

170MB/日コース

月額料金 データ量 下り速度最大 SIMの種類
1,490円 170MB/日 262.5Mbps データSIM・SMSなし

5GB/月コース

月額料金 データ量 下り速度最大 SIMの種類
1,566円 5GB/月 262.5Mbps データSIM・SMSなし

500kbpsコース

月額料金 データ量 下り速度最大 SIMの種類
1,944円 15GB/月 0.5Mbps データSIM・SMSなし

10GB/月コース

月額料金 データ量 下り速度最大 SIMの種類
2,484円 10GB/月 262.5Mbps データSIM・SMSなし

プラン一覧をもっと見る

記事の更新日